くるぶしの痛みや腫れの原因は?内側と外側別に解説!

飛び跳ねる女の人

くるぶしが痛くて困った経験はありませんか?くるぶしは、体重が強くかかる部分であり、角度によってはひどく痛むこともあり困りますね。

くるぶしの痛みや腫れは、内側と外側でそれぞれ原因が異なる場合があります。

今回はくるぶしの痛みや腫れの原因を内側と外側別に解説します。違和感を感じている方、痛みや腫れが気になる方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

くるぶしの外側の痛み

飛び跳ねる女の人

足の外側のくるぶしが痛い場合の原因について紹介していきます。

 

捻挫

くるぶしの外側が腫れて痛みもある場合、捻挫をしている可能性があります。

足首の捻挫のほとんどは、足裏が内側に無理に曲がり、足首の外側の靭帯を損傷して発生するためです。

 

捻挫であれば外側のくるぶしの前部から下部に痛みが生じます。そしてそこを押すと痛みが出ます。

動かさないように固定し、安静に過ごしましょう。痛みが強い場合は骨折などの可能性もあります。X線写真で確認できますので、早めに整形外科を受診しましょう。

スポンサーリンク

くるぶしの内側の痛み

足の内側のくるぶしが痛い場合の原因について紹介していきます。

 

後脛骨筋腱機能不全症(こうけいこつきんけんきのうふぜんしょう)

後脛骨筋腱というふくらはぎ部分の筋腱に繰り返し負荷がかかると、部分断裂を引き起こすことがあります。

外反偏平足(がいはんへんぺいそく)外反母趾も引き起こし、くるぶしの内側の後方から下部にかけて痛みや腫れが生じます。

 

治療は、体重のかけ方に問題があると思われますので電気治療器などで筋肉に刺激を与えて強化します。

再発しないよう、体重のかけ方の癖を治す必要があります。

 

足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)

階段をのぼる足元

足の裏のしびれなどの症状が現れる病気ですが、くるぶしの内側に痛みを感じることがあります。

くるぶしの内側には、足の裏の感覚を支配する神経が束になり枝分かれする、足根管という部分あります。

 

この足根管が圧迫されると足の裏のしびれの他、くるぶしの内側に痛みを生じます。

しびれている部分を調べることで圧迫されている部分を特定し圧迫を解くとしびれはなくなり、徐々にくるぶしの痛みも改善されます。

 

その他

くるぶしの外側と外側に痛みを感じる特有の原因は上記のようですが、それ以外にもさまざまな原因が考えられます。ここでは、それらの原因について紹介していきます。

 

疲労骨折

マラソンやサッカーなど長時間足首に負担のかかるスポーツをしている方は足首の疲労骨折の可能性があります。

1 / 2
サブコンテンツ