汗疹対策!赤ちゃんと大人のそれぞれの治し方は?

a0027_001446

汗ばむ季節になってくると、首や背中にあせもが出来てしまうことがありますよね。

子供から大人までできてしまい、全身にできてしまうこともあるやっかいなものです。

そこで、今回は汗疹(あせも)にならないようにする方法や、効く薬はどのようなものなのか、そして効果的な治療法などについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

汗疹の対策

l_072

そもそもあせもができてしまう原因とはなんなのでしょうか?

それは、汗が出る管が脂などによってふさがれてしまうことです。

このふさがれてしまった状態で、たくさん汗をかいてしまうと、そこでたまってしまいます。これにより炎症などを引き起こしてしまうのです。

 

つまり、あせもを引き起こさないようにするには、できるだけ脂分が多い汗をかかないようにすればいいのです。

たくさん運動をしてかいた汗は、水分が多くさらさらした汗なので、あせもの原因にはなりにくいです。

一方、じっとしているのにかく汗はねっとりしていて、あせもの原因となりやすいです。

このような良い汗と悪い汗の感覚はなんとなくわかりますよね?

このような汗が不衛生な状態にあると、あせもを引き起こしてしまいます。

スポンサーリンク

対策としては、

・頻繁にシャワーをあびる。

皮膚についている汗を洗い流すことができますし、清潔さも保つことができます。

 

・冷感スプレーや冷感シートを使う

これらを使うことにより、汗をかいてしまうのを防ぐことができます。

 

・通気性のいい服を着る

通気性のいい服を着れば、皮膚について汗が蒸発するのを早めてくれます。

通気性が悪い服を着ていると、汗が皮膚にずっとついていますので、汗が出る管をふさいでしまいがちです。

 

・布団を乾燥させる

あせもは寝ているときにできることがとても多いです。寝ているときに汗をかいて、背中にできてしまうケースがよくあります。

こうならないためには、布団を乾燥機かけて、湿気をとっておくようにしましょう。高温多湿の環境であせもが出来てしまうので、乾燥させておくことにより防ぐことができます。

 

また、寝ているときに汗をかかないように、冷房で温度を調節しておくことも大切です。

ただし、温度を低くしすぎると、冷房病になってしまうおそれがあるので注意してください。
冷房病の症状!対策や治療法は?

 

あせもの治療法【赤ちゃん・大人】

飛び跳ねる女の人

実際に、あせもになってしまった場合は、どうやって治せばいいのでしょうか?

 

赤ちゃんの場合

あせもは大人より赤ちゃんのほうがなりやすいです。なぜかというと、赤ちゃんのほうが汗がでる管の数が多いからです。

その数はなんと大人の約10倍にもおよびます。

 

また、赤ちゃんがおむつなどをしているとその部分で特にあせもができやすくなってしまいます。

このあせもが悪化してしまうと、突発性発疹がおこってしまうおそれがあります。
突発性発疹になったときの対処法

 

あせもを治すためには外用薬の塗り薬で治すのが一番です。

ただし、赤ちゃんの肌はデリケートなので、できるだけ刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。ワセリンなどは比較的刺激が少ないです。

 

ステロイド系の薬は効果が強いですが、赤ちゃんの肌には刺激が強い場合があります。このような薬を使用する場合は、医師や薬剤師の指示に従うようにしましょう。

また、あせもを掻いてしまうと、さらに炎症を起こして悪化してしまうので、かゆみ止めも服用したほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

大人の場合

大人も赤ちゃんほどではありませんが、あせもになることがあります。あせもの治療としては、軽度な場合は、ワセリンなどの市販薬を使いましょう。

重度化してきた場合は、抗ヒスタミン剤を飲んだり、ステロイド系の薬を塗るといいです。先ほどもいったように、掻くと悪化してしまうので、我慢してかかないようにしましょう。

 

まとめ

あせもは大人も子供もできやすく、できてしまうととてもかゆく、やっかいだと思います。

そうならないためにも日頃からしっかり予防しておきましょう!

特に、赤ちゃんの場合は他の皮膚炎なども引き起こしてしまうおそれがあるので、注意してください。

スポンサーリンク

サブコンテンツ