アズノール軟膏は市販されてる?幅広い効能を大特集!

しゃがんでいる女の人

皮膚に塗り薬はできるだけ安全なものを使いたいですよね!そこで、湿疹ややけどなどによく使われているのがアズノール軟膏という塗り薬です。

アズノール軟膏はステロイド薬ではないので、比較的安全な薬であると言われています。

 

それでは、このアズノール軟膏は市販していないのでしょうか?どの薬が市販されていて、どれが処方箋なのか一般の方には判断が難しいですよね。

今回は、アズノール軟膏の市販について、また安全と言われているアズノール軟膏の効能について徹底解剖していきたいと思います!

スポンサーリンク

 

アズノール軟膏は市販されている?

woman

アズノール軟膏は、非ステロイド抗炎症薬というもので、ステロイド薬は配合されていません。ステロイドというものは、炎症を抑える成分としてよく配合されていますが、アズノール軟膏には入っていないんですね。

 

「ステロイドは副作用が怖いからあまり使いたくない!」という方は、アズノール軟膏を使用するといいですね。

しかし、アズノール軟膏は処方箋で、一般には市販されていません。

 

ステロイドが含まれていないので、皮膚のかぶれを引き起こしにくいという特徴があるのですが、ドラッグストアなどでは購入することができません。

しっかりと病院で医師と相談して処方してもらうようにしましょう。

 

アズノール軟膏は、どうしてもステロイドを使いたくない、という方に処方されることが多い薬となっています。

よって、かぶれなどを引き起こしにくいとされていますが、その分、効果もステロイド薬と比べて抑えられてしまいます。

つまり、軽い湿疹や帯状疱疹、赤ちゃんのおむつかぶれ、または皮膚が弱い部分(唇、顔、陰部など)に使われることが多くなっています。

スポンサーリンク

赤ちゃんのおむつかぶれへの効能

赤ちゃんのおむつかぶれには、アズノール軟膏が使用されることが多くなっています。赤ちゃんの皮膚は大人と比べて弱いので、できるだけ安全なものを使いたいですもんね。

 

お母さんやお父さんも赤ちゃんにステロイド薬を使いたくないと思います。よって、おむつかぶれにはアズノール軟膏がよく処方されています。

赤ちゃんのおむつかぶれについては、以下の記事で詳しくお伝えしているので、お母さんお父さんはぜひ参考にしてみてください!
おむつかぶれの治療法と対策について!

 

唇への効能

girl

アズノール軟膏は、皮膚が薄い唇にも使用することができます。主成分は、植物から抽出した「アズレン」という成分ですので、安全に使うことができるのです。

 

よって、口唇ヘルペスにも使うことができる薬となっています。ヘルペスはステロイドと相性が悪いので、非ステロイド抗炎症薬であるアズノール軟膏が使われることが多いのです。

口唇ヘルペスについてはこちらで詳しくお伝えしているので参考にしてみてください!
口唇ヘルペスがうつる確率と期間は?感染について徹底解説!

 

また、なんと唇だけでなく、口の中の口内炎にも使用できる薬となっています。

スポンサーリンク

顔への使用について

顔に湿疹などができてしまった場合も使うことが出来ます。

しかし、安全な薬だからといって必要以上にたくさん塗るのは控えるようにしましょう。

 

もし、アズノール軟膏を塗りすぎて、かぶれてしまったらそれはステロイド薬を使って治すしかありません。

特に、赤ちゃんの場合はかぶれやすいので、使うときはしっかり用法・用量を守るようにしましょうね。

 

やけどへの使用

アズノール軟膏は、湿疹だけでなくやけどにも使われます。 炎症を抑える効果があるので、やけどでジュクジュクした部分にも効果があるのです。

 

やけどをしてしまった患部にアズノール軟膏を塗り、その上にガーゼなどを当てて処置する方法が多いです。

しかし、これはやけどをした部分や程度によって変わってきますので、医師と相談して処置の仕方を決めるようにしましょう。

 

まとめ

アズノール軟膏は、非ステロイド抗炎症薬として幅広い使われ方をしていることが分かりましたね。

しかし、ステロイド薬に比べて作用が弱くなってしまうので、1~2週間ほどで治りそうな軽い湿疹やけどに使用されることが多いです。

症状がひどい場合は、ステロイド薬をしっかり使って治すようにすることをおすすめします!

スポンサーリンク

サブコンテンツ