ブルーライトが人体に与える影響とは?

女の人の顔

現代社会では、PCやスマホは必需品という方は多いでしょう。オフィスではPCなしでは仕事が進まないというのは常識です。スマホを持っている方は、そのスマホをのぞかない日はないと言えます。

しかし、PCやスマホなどの画面からは大量のブルーライトが発せられており、体に悪影響があると言われています。

 

PCやスマホから発せられる非常に身近な存在ですから、知らずに浴び続けるのは危険ですね。

今回は、ブルーライトが体に与える影響についてまとめました。PCやスマホが必需品という方は必見です。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

 

ブルーライトとは

女の人の顔

光には波長があります。その波長によって可視光線・赤外線・紫外線に分けられます。可視光線よりも短い波長を紫外線といい、可視光線より長い波長を赤外線といいます。

可視光線はヒトの目で見えるのですが、赤外線や紫外線は目に見えません。

 

ブルーライトはこの中でどれに位置するのでしょうか?

ちょうど紫外線と可視光線の間ぐらいの波長がブルーライトです。

つまり、ブルーライトの中でも波長の短く目に目ないものと波長が長く目に見えるものがあるのです。

 

この目に見えない波長のブルーライトは紫外線と同様の影響をヒトの体に及ぼすことが考えられます。

画面を見やすくするために必要と言われるブルーライトがヒトの体に及ぼす影響とはどのようなものでしょうか。

スポンサーリンク

ブルーライトの影響

眼精疲労

ブルーライトがヒトの体に与える影響については、まだ解明されていないことが多いです。しかし、実際PCやスマホを長時間見ていると眼精疲労を訴える方が非常に多くいます。

長時間本を読んだりテレビを見た時も感じるものですが、PCやスマホを長時間見た場合に比べると影響は少ないようです。

 

ブルーライトは紫外線についで強いエネルギーを持っています。これを浴びることで強い刺激を受けるため、特に眼精疲労が顕著に現れます。

強い刺激となるブルーライトを目に浴びることで、網膜や黄斑部に強い刺激を受けると言われています。

これにより、網膜や黄斑の病気を引き起こすことも十分考えられますので、必要以上に浴びないようにしましょう。

スポンサーリンク

体内時計への影響

朝になると朝日を浴びて目覚め、夕方には夕日を浴び、夜には光がなくなる、という周期によって体内時計は正常に機能します。

ヒトは就寝中、眠気を生じる物質であるメラトニンが生成されますが、紫外線を浴びると、メラトニンは減少し、眠気がなくなって目覚めます。

 

同様に、ブルーライトを浴び続けていると、メラトニンは減少し、脳や体が活動的な状態になります。就寝前にPCやスマホを長時間見ていると眠れなくなるのはこのためです。

このように、ブルーライトは体内時計へ悪影響を与えると言われています。

体内時計が乱れると、体が疲れていても眠れず、不眠症などの睡眠障害を引き起こします。特に夜間はブルーライトを浴びないよう注意が必要です。

 

ブルーライトの対策法

逆光の花

PCやスマホを見る機会が多くなった現代、何となく画面の見過ぎは目が疲れるから休憩しよう、ぐらいの意識では身を守ることができません。

PCやスマホから多く発せられるブルーライトは思っている以上に人体に影響を与えています。

ブルーライトは紫外線と同様の影響が予想され、眼精疲労の他にも網膜や黄斑への影響・体内時計への影響などが考えられます。

 

ブルーライトの影響を軽視せず、ブルーライトの特徴を理解した上で対策する必要があります。目への刺激を減らすため、浴びる時間を減らしたり、保護メガネを使用したりすると効果が期待できます。

特に、夕方から深夜などの人が本来紫外線を浴びない時間帯に浴びるブルーライトを減らすことが重要となります。

ブルーライトを浴びずに生活するのは不可能に近い時代ですが、少しでも回避して、悪影響は最小限におさえたいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ