ゲンタシン軟膏は陰部に効能がある?市販はされているの?

薬局の人

ゲンタシン軟膏はニキビを治すための塗り薬として有名ですが、やけどやニキビなど他のあらゆる皮膚の炎症に効果的です。もちろん虫刺されにも使えます。

副作用もほとんどなく使いやすい薬なのですが、デリケートゾーンのできものなどにも塗っていいのか不安になると思います。

 

そこで今回は、ゲンタシン軟膏を陰部に塗っていいのか?そして、どこで手に入れればいいのか?ということを中心にお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ゲンタシンの陰部への使用

風船を持っている女の人

ゲンタシンは、やけどやニキビをはじめ、いろいろなできものにも効果があります。ゲンタシンは抗生物質なので、その炎症の原因となる菌を直接退治してくれます。

また、刺激も少なく、副作用も比較的少ないので、陰部へ使用しても問題ありません。

ゲンタシンは無色透明で無臭なので、安心して使用することができます。

ただし、傷ができていたり、できものができている場合は、使用を控えたほうがいいでしょう。

 

また、かなりべたつくので注意が必要です。

あまり多量に塗りすぎると、べたべたになってしまいかなり不快だと思うので、使用する量は患部に薄く塗る程度にしましょう。

使用頻度は、1日に2、3回程度が適切です。たくさん塗れば、早く治るというわけではないので注意してくださいね!

スポンサーリンク

ゲンタシンの副作用

用法容量を守って使用すれば副作用がでることはほとんどありませんが、その人の体質や体調によっては副作用がでることがあります。

副作用としては以下の症状があります。

  • かゆみ
  • 赤み
  • 発疹
  • できものができる

このような皮膚への副作用が現れたら、すぐに使用を中止して病院へ行くようにしてください。また妊娠中、授乳中の方の使用は控えるようにしましょう。

1 / 2
サブコンテンツ