日焼けを治す方法!ケアが大切です!

a1130_000176

夏になったら、プールに行ったり、海に行ったりして、日焼けに悩まされますよね。

日焼けをしても、ほったらかしていしまう方も多いと思います。

日焼けをした後は、しっかりとしたケアをしないと肌に悪いです!

そこで今回は、日焼けをできるだけ早く治す方法をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

日焼けを治すために、最初にすること。

日焼けとは、肌の炎症です。つまりヤケドですね。

この炎症を抑えるために必要なことは2つです。

冷やすことと保湿することです。

日焼けをしてから半日~1日後に最もこの炎症が活発になるので、半日すぎる前に、冷やして保湿することが大切になります。

 

日焼けを冷やす!

まず、日焼けした患部を冷やしてください。

・冷たい水のシャワーを当てる

・冷たい水に浸した濡れタオルを当てる

・保冷剤をタオルで包んで当てる

などが効果的だと思います。

日焼けの程度にもよりますが、20分ほど、肌が冷たく感じるまで冷やすと良いと思います。

 

日焼けを潤す!

日焼けした患部を冷やした後は、水分を与えて保湿しましょう。

日焼けした患部は、炎症を起こしていて、とても水分が少なく乾燥しています。

化粧水を、コットンやガーゼにつけて、患部をパックします。

化粧水は刺激が少ないので、保湿するためには最適です。

このように、保湿した後に水分が再びとんでしまうのを防ぐために、乳液や保湿クリームなどを塗ることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

日焼けのケアの次にすることは?

日焼けのケアを適切に行うことができたら、次に食事で肌の調子を整えるのが効果的です。

肌の調子を整えるために重要な栄養素は3つあります。

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA です。

これらはどのような食事に含まれているのでしょうか?

ビタミンCは、ご存じの通り、レモンやオレンジなどの柑橘系の果物に多く含まれています。他にも、ピーマンやいちご、ハムなどにも多く含まれています。

ビタミンEは、いくら、あゆ、いわし、たらこ、うなぎなどの魚卵系に多く含まれています。

ビタミンAは、かぼちゃ、にんじん、ホウレンソウなどの緑黄色野菜や、レバーなどに多く含まれています。

このような、栄養成分を含む食事をとるように意識すると、日焼けのケアだけでなく、お肌のケアにもつながるので、一石二鳥ですね!

 

まとめ

少しめんどうですが、このようなケアをしっかりと行うことにより、日焼けを早く治すことができます。

日焼けのケアは毎年行うことになるので、これを機に習慣化してしまいましょう!

また、日焼けの痛みを薬などを使って和らげる方法については、こちらをご覧ください!

日焼けが痛いときの薬で効果的なものは?!

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ