日焼け止めは紫外線吸収剤不使用のものを選ぼう!

a0027_001446

だんだんと日差しが強くなってきて、紫外線のダメージが肌を通して伝わってきますね。

日焼けをしないように、紫外線から守るために、日焼け止めを塗る方が多いと思います。

でも、日焼け止めってたくさん商品が出ていて、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね?

日焼け止めは紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)のものがおすすめです。

今回は、日焼け止めのノンケミカルとはどういうものなのか、なぜノンケミカルのものがいいのか、ということをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

日焼け止めには2種類ある?!

まず、日焼け止めは、紫外線からの防御方法の違いで、主に2種類に分かれています。

紫外線吸収剤を含むもの紫外線散乱剤を含むものです!

これから、それぞれのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

 

紫外線吸収剤のメリットとデメリットは?

紫外線吸収剤とは、その名の通り、日焼け止めが紫外線を吸収し、皮膚上で化学反応を起こすことで、紫外線からのダメージを守るというものです。

メリット:肌に馴染みやすい。

デメリット:刺激が強い。

 

紫外線吸収剤は、化学反応を起こすので、どうしても刺激が強くなってしまいます。

よって、敏感肌の人は肌が荒れてしまう可能性があります。

また、人によっては思わぬ毒性が生じてしまい、体に悪いということもあります。

このようなデメリットがありますが、紫外線吸収剤を含む日焼け止めは一般的に肌となじみやすく、使いやすいです。

市販の日焼け止めはこちらのタイプのほうが、多く販売されています。

 

スポンサーリンク

 

紫外線散乱剤のメリットとデメリットは?

紫外線散乱剤とは、紫外線を跳ね返すことにより、紫外線からのダメージを抑えるというものです。

日焼け止めのイメージとしては、こちらを考えるのではないでしょうか?

しかし、市販されているもので、このタイプは少数派です。

この紫外線散乱剤を含むものが、ノンケミカルの日焼け止めと呼ばれるものです。

メリット:刺激が弱い。

デメリット:肌に馴染みにくい。

 

紫外線散乱剤の原材料は、超微粒の金属などです。

なので、どうしても肌になじみにくく、乾燥してしまったりすることがあります。

しかし、このタイプは化学反応を起こすことはないので、刺激が弱く、毒性もないです。

敏感肌の人も安心して使えますね。

さらに、乾燥も保湿クリームなどを使うことによりカバーすることができますね。

日焼けに対する保湿などのケアの仕方についてはこちらをご覧ください。

 

↓日焼け止めの上手な塗り方については以下の動画を見てみてください!

 

まとめ

日焼け止めに2種類あることはご存じでしたか?

肌が荒れるのはいやだ!っていう方は、紫外線散乱剤を含むものを使用したほうがいいです。

肌の荒れとか気にせずに、使用感重視!っていう方は、紫外線吸収剤を含むものを使用したほうがいいですね。

でも、日焼け止めは毎年繰り返し使うことになり、その積み重ねの紫外線吸収剤からのダメージは想像以上に大きなものとなります。

肌のことを考えたら、断然、紫外線散乱剤を含むもの(ノンケミカル)をおすすめします!

日焼けしてしまったときに、効果的な薬についてはこちらをご覧ください。

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ