キンダベート軟膏は赤ちゃんの顔にも使える?

黒い犬

キンダベート軟膏は発疹やかゆみなどを抑えるための外用薬です。市販はされていなく、病院で処方される薬なので注意してくださいね。

病院で皮膚の炎症を抑えるときに処方されることが多く、どのような副作用があるのか、どの部分に使っていいのか、などさまざまな不安があると思います。

 

また、キンダベート軟膏は比較的副作用が少なく、使いやすい薬です。なので赤ちゃんの肌や顔にも使って大丈夫なのでしょうか。

ここではキンダベート軟膏の使用上での注意点や副作用について分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

キンダベート軟膏の強さ

薬局の人

キンダベート軟膏はステロイド剤です。ステロイド剤は私たちの体の炎症を抑えていくれる作用を持っています。

「ステロイド」と聞いただけで、「副作用が強く、危ない薬」と思ってしまう人もいるかと思いますが、使用に注意すればとても効果的な薬です。

 

また、ステロイドは種類によって、その強さもさまざまです。作用の強さによって1群から5群の5段階に分類分けされており、キンダベート軟膏はその中でも、2番目に弱い4群(medium)に分類されています。

つまり、キンダベート軟膏はステロイド薬の中でも比較的使いやすい薬であることが分かりますね。

ただし、上記のステロイドの分類分けは「作用の強さ」によって分けられていて、必ずしも「副作用の強さ」とは一致しないので注意してください。

 

さらに、キンダベート軟膏に含まれる薬の成分はとてもシンプルで、4群(medium)の中でも特に肌に優しいものとなっています。

とはいっても、場合によっては思いがけない副作用が出ることもあるので、注意してくださいね。副作用については以下で詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの顔への使用について

キンダベート軟膏は先ほど紹介した通り、比較的マイルドな薬であるため、乳児、幼児にも処方される塗り薬となっています。

特に、乳児湿疹やおむつかぶれ、あせも、アトピー、虫刺されなどの皮膚の炎症によく使用されています。

 

乳児湿疹は赤ちゃんの顔に湿疹があらわれることが多く、キンダベート軟膏がよく処方されているのです。

なので、赤ちゃんの顔に使用することもできます。ただ、顔は皮膚が薄い部分であるので、使用するときは十分に注意するようにしましょう。

 

他にも、赤ちゃんの顔にはアルメタ軟膏やロコイド軟膏もよく使用されます。これらもキンダベート軟膏と同じぐらいの強さのステロイドなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アルメタ軟膏は赤ちゃんの顔に使っても大丈夫?

ロコイド軟膏は赤ちゃんの顔に塗っても平気?

 

目の周りへの使用はダメ!

boy

1 / 2
サブコンテンツ