気象病の対策と原因は?頭痛やめまいの症状を防ぐ方法!

a0002_007503

気象病とはその名の通り、気象が変わることにより起こります。

症状としては、頭痛、めまい、古傷の痛み、関節痛、吐き気などさまざまです。

気象病の重度は人それぞれなので、人によっては季節の変わり目に毎回苦しい思いをするという方もいると思います。
そこで、今回はこの気象病の対策と原因についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

気象病とは?

後ろを向いてる女の人

前述のように季節の変わり目に起こりやすい病気です。なので、季節病と呼ばれることもあります。

季節の変わり目では、温度、気圧、湿度などが大きく変化するため、その環境に私たちの体が順応しきれず、発症してしまいます。

温度、気圧、湿度が大きく変化する場合に起こるので、台風や低気圧の接近、梅雨の到来などの時期では体調をくずしやすい人が多いです。

スポンサーリンク

気象病の原因

それでは、どうして気象病が起こってしまうのでしょうか?

私たちの体が気象に適応できないと、自律神経系という私たちの体調の調節をつかさどる器官がストレスを感じてしまい、誤作動を起こしてしまいます。

 

その誤作動が原因で、頭痛などの不快な症状を感じてしまいます。

特に、喘息(ぜんそく)などの持病を持っている人は気象の影響を受けやすいので注意が必要です。

低気圧などが近づいてくると、気道がむくんでしまい呼吸がしづらくなってしまうのです。

 

気象病の対策

川を見る犬

気象病の予防方法には、たくさんの方法がありますが、その中から効果的なおすすめのものをいくつか紹介していきたいと思います。

 

適度な運動をする

運動不足な状態だと、体の免疫力が弱まったり、環境の変化に適応する力が衰えてしまったりします。

そんなに激しい運動をする必要はないので、毎日いすに座っていることが多い人は軽いジョギングやジム通いなどを行うといいですね!

 

 ストレッチをする

前述の適度な運動にもかかわってくるのですが、体中の血液の循環を良くすることが予防になります。

そのために、ストレッチやエクササイズなどを行うことにより血の巡りを良くしてあげると、効果的です!

スポンサーリンク

ストレスを発散する

ストレスを感じていると自律神経系が乱れてしまうので気象病の原因となってしまいます。

現代では、さまざまなストレスを外部から感じることがたくさんあると思いますが、できるだけストレスを体に与えないように意識して生活することが大切です。

メンタル面での強化も必要ということですね!前述の適度な運動もストレス発散の効果があります。

 

規則正しい生活をおくる

睡眠不足、栄養不足は気象病の大きな原因となってしまいます。

生活リズムがくずれている場合は、早寝早起きを心がけて、睡眠時間をしっかり確保しましょう。

また、栄養が不足していると体調をくずしやすくなってしまいますので、健康的な食生活を心がけるとさらにいいです。

 

冷房や暖房を使いすぎない

私たちの体は本来は、季節の変化に適応できるようにつくられています。

しかし、冷房や暖房などによりその季節の温度や湿度が変えられてしまうと、自律神経が乱れる原因となります。

夏にエアコンをつけすぎたり、冬にヒーターをつけすぎたりするのはよくない、ということですね。

 

まとめ

気象病は人それぞれによって感じ方が異なってきます。

今まで、季節の変わり目に体調をくずしやすいなと思ってた人は、今回の予防策を試してみてください!

スポンサーリンク

サブコンテンツ