足がだるい4つの原因!病気の可能性もチェック!

高い場所

足がだるいと思っても、ちょっと疲れただけだと放置してしまいがちです。

しかし、そのだるさが長く続いたり頻繁に起こると不安ですね。もしかしたらそれは病気のサインかもしれません。

今回は、足がだるい原因について解説していきます。病気の可能性、解消法についてもお伝えしていますので、最後までぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

足がだるい原因

疲労

高い場所

足がだるい原因として最も多いのは疲労です。筋肉を使いすぎると、筋肉が固まってしまい、血液を循環させる機能が低下してしまいます。この時、疲労物質が蓄積するのです。

足は心臓から遠く、重力に逆らって血液を循環させるのに大きなエネルギーを使う場所です。そのため、血液の循環が滞りやすく、疲労物質が蓄積しやすい部分と言えます。

 

足がだるいと行動が鈍くなり、活動が減ってしまう方もいますが、これでは疲労回復に返って時間がかかってしまいます。

足にたまった疲労物質をしっかり循環させて排出するには、少々だるくても体を動かすことが重要です。

 

立ち上がるのが辛いなら、まずは座ったままストレッチをしてみましょう。入浴時には湯舟につかって体を温めましょう。

疲労による足のだるさは、体を動かして疲労物質を排出すると回復します。なかなか回復しない場合や、繰り返し生じる場合は疲労ではなく病気の可能性があります。

スポンサーリンク

気象シンドローム

気象シンドロームという言葉をご存じでしょうか?

その名の通り、気温や湿度などの変化に伴う気象の変動により起こるさまざまな体調不良のことです。そして、気象シンドロームは足に最もあらわれやすいことで有名です。

 

気象に変化によって、足の筋肉が弛緩したり、汗が出にくくなったりすることにより、足が重く感じてしまうのです。

気象が変化しやすい、季節の変わり目や梅雨の時期に足がだるく感じたらこの気象シンドロームを疑ってみてください。

解消するには、お風呂に入っているときに自分の足をマッサージすることがおすすめです。筋肉をよく揉み解すようにしっかりとマッサージしてみてください。

 

病気の可能性は?

下肢静脈瘤

振り返る女の人

足のだるさが症状としてあらわれるときにまず考えられるのが、下肢静脈瘤という病気です。

下肢静脈瘤は、長時間立ちっぱなしの仕事に従事している方や2回目以降の妊娠時などに生じることが多い病気です。

足の静脈で血液が逆流しないようにしている静脈弁が機能しないくなり、血液が滞りコブができてしまいます。足のだるさの他、痛みやかゆみが現れることもあります。

 

解消法

初期の段階であれば、疲労時と同じようにストレッチをしたり温めて血液の循環をよくすることで解消されますが、それでも回復しない場合は医療機関で相談しましょう。

1 / 2
サブコンテンツ