夏バテ対策のために必須な食べ物とは?!

a0002_011339

夏になって、体がだるい、、食欲がない、、寝つきが悪い、、など感じることがありますよね。

夏は、水分や栄養を多く消費するので、体力を消耗します。

これが、いわゆる「夏バテ」と言われる症状になる原因です。

夏バテを予防するには、栄養を多く含む食材を使った食べ物を食べることが一番です。

今回は、夏バテを防止するための食べ物を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

夏バテ対策に必要な栄養成分は?

夏バテを防止するためには、体力をつける、つまりエネルギーをたくさん得られる栄養成分を摂取する必要があります。

この栄養成分とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、クエン酸、ビタミンCです。

 

この中で、一番重要な栄養成分はビタミンB1です。

なぜなら、これらの栄養成分はどれも重要なのですが、ビタミンB1は夏場に不足しがちになるからです。

夏になると、アイスやジュースなどをよく食べたり飲んだりして、糖分を多く摂取することになります。

この糖分を体内で必要なエネルギーに変えるのがビタミンB1の役目なのですが、糖分を取りすぎるとビタミンB1がエネルギーに変換できる糖分の限界量を超えてしまうため、ビタミンB1が不足してしまうのです。

 

夏バテを防止するための食べ物はどんなもの?

それでは、上記で述べたような栄養成分を得るためには、どんな食べ物を食べればいいのでしょうか?

ビタミンB1、ビタミンB2

肉類:豚肉、レバー

緑黄色野菜:ニラ、ほうれん草

豆類:大豆、枝豆、グリーンピース

魚類:うなぎ、いわし、たらこ

代表的なものは以上になります。

特に、モモ肉やレバーなどにはビタミンB1、B2がたくさん含まれていますので、「スタミナ料理」を作ってみてはいかがでしょうか?

 

ビタミンC、クエン酸

果物類:柑橘系(レモン、ゆず、グレープフルーツ、オレンジ)、キウイ、いちご

野菜類:ピーマン、ブロッコリー、パセリ

ビタミンCとクエン酸は、主に果物類と野菜類に多く含まれています。

特に、柑橘系の果物には、たくさん含まれているので、多く食べることをおすすめします!

 

ナイアシン

魚類:まぐろ、かつお、いわし、たらこ、さば、さんま

肉類:レバー(豚肉、牛肉)、鶏肉(ささみ、ムネ肉)

ナイアシンは、特に魚類に多く含まれています。

ほとんどの魚にナイアシンが多く含まれているので、夏場は魚も多く食べることが大切ですね!

 

まとめ

この記事を読んでいただければ分かるように、様々な種類の食べ物を食べることが夏場は必要になってきます。

夏バテで倒れないためにも、しっかり食べましょう。

また、夏は栄養を取るとともに、水分を取ることも大切になってきます。

この水分を取るためにおすすめな食べ物がきゅうりです。

きゅうりは、なんと90%以上が水分でできていて、効率的に水分を摂取することができるのでおすすめです!

 

スポンサーリンク

サブコンテンツ