RSウイルス感染症の症状を解説!赤ちゃんは特に注意して!

こっちを見ている犬

冬になると流行するRSウイルス感染症をご存知ですか?

乳児がかかると重症化するので注意が必要ですが、意外と知られていないため予防できていない方が多いようです。

 

RSウイルスのことをよく知り、重症化しないように注意しましょう。

今回はRSウイルス感染症の症状についてまとめました。赤ちゃんの症状に注意してご覧下さい。

スポンサーリンク

 

RSウイルス感染症とは

口を開けている女の子

RSウイルスが細気管支に感染し、気管支系の症状が強く出る感染症です。

感染力が非常に強く、飛沫感染・接触感染でどんどん広がっていきます。

 

RSウイルスは、一度かかっても免疫ができにくく、繰り返し感染します。感染を繰り返すごとに症状は軽くなりますので、気づかずに周囲に感染を広げてしまいがちです。

1歳までの乳児がかかりやすく、2歳までにはほとんどの乳幼児が感染すると言われています。

1歳までの乳児や、心臓や呼吸器系に疾患のある方は重症化しやすいので注意が必要です。

 

潜伏期間は2~8日ほどでこの間も感染します。症状がなくなった後も1~3週間は感染しますので注意が必要です。

手洗い、うがいなどをこまめに行い、しっかり予防をしておきましょう。

スポンサーリンク

症状

まず、咳・鼻水・発熱といった風邪のような症状が現れます。この時点では検査をしない限りRSウイルス感染症を疑うことはないでしょう。

このような症状は、多くが1~2週間ほどで回復します。

日差しを浴びている女の子

初めて感染した乳幼児や、心臓・呼吸器系の基礎疾患を持つ方・病気の治療などで免疫力が低下している方が感染した場合は、重症化することがあります。

この場合、熱が下がらず、痰(たん)が絡んでゼーゼーという呼吸をする喘鳴(ぜんめい)が現れるようになります。乳児の場合、無呼吸となることもあります。

 

これは細気管支炎を起こしたために起こる症状です。

急に顔色が悪くなったり、多呼吸・呼吸困難・熱が下がらない・嘔吐が続くなどの症状がある場合は、肺炎を起こしている可能性もあります。

スポンサーリンク

治療法

今のところ、RSウイルスの特効薬はありません。

重症化しないように注意し、対症療法で回復するのを待つしかありません。安静にし、十分な休養をとったり水分補給することなどが基本となります。

 

突然の呼吸困難・多呼吸などで急激に重症化する可能性がありますので、就寝時などは特に注意して看病しましょう。

乳児の呼吸数は、通常1分間に40回程度ですが、60回以上になったら注意が必要です。早めに医療機関に相談しましょう。

 

呼吸困難が強い場合や、心臓や呼吸器系の疾患があって重症化する可能性が高い場合は、無理に自宅療養せず、完全看護の入院治療の方が安全です。

 

まとめ

RSウイルス感染症は乳児が感染すると重症化しやすいのですが、その症状は意外と知られていないのが現状です。

病院での待ち時間が長いため、返って悪化するかもしれないなどと考え受診しない家庭も多いようですが、風邪だと思い放置していると重症化して入院するほどになることもあります。

 

また、大人もRSウイルスに感染することもあるので、しっかり予防しておくことが大切です。

RSウイルスは大人にも感染する可能性が!治療法はあるの? 

 

乳児期の咳・鼻水・発熱といった症状には十分注意し、呼吸器系の異常が少しでも見られた場合は、早めに小児科で相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ