RSウイルスは大人にも感染する可能性が!治療法はあるの?

グッドサイン

喉風邪をひいてなかなか治らないとつらいですよね。呼吸がしにくくなったり、ゼーゼーと喘息のような症状まで出るとさらに苦しいですね。

ただの風邪と思っていても、実はそれはRSウイルス感染症かもしません。

 

RSウイルス感染症は2歳までの乳幼児がかかりやすく重症化しやすい感染症ですが、大人が感染した場合にはどのような治療をしたらよいのでしょう。

今回はRSウイルスに大人が感染した時の治療法についてまとめました。長引く咳に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

RSウイルスとは

寝そべっている男の人

RSウイルスは、何百種類もある風邪の原因となるウイルスの1種です。細気管支に感染するため、呼吸器系の症状が強く出ます。

一度感染してもすぐに抗体ができないため、何度も感染します。感染を繰り返すことで少しずつ免疫が上がり、症状は軽くなっていきます。

 

大人でも免疫ができていないため、母親の抗体で守られている乳児でも感染します。半数以上の乳児が1歳までに感染し、遅くても2歳までにはほぼ全員が感染するほど、感染力の強いウイルスです。

乳幼児が感染すると重症化することが多いと言われており、気管支炎・細気管支炎・肺炎などを発症することもあります。

スポンサーリンク

大人がRSウイルスに感染したら

RSウイルス感染症は乳幼児に多く見られますが、大人にも感染します。

ただ大人に感染しても、そのほとんどは軽症で特別な対処をしなくても短期間で回復します。軽い喉風邪・鼻風邪程度で治る方がほとんどです。

 

しかし、大人でも重症化する条件があります。条件に当てはまる方は十分に注意しておく必要があります。

心臓や呼吸器系の基礎疾患のある方は重症化しやすいというデータがあります。日常生活に支障のない程度の疾患でも、流行の時期には十分な予防が必要です。

 

他にも、

  • 高齢者
  • 妊婦
  • 他の病気の治療の副作用で免疫力が低下している方
  • 大量のRSウイルスが一気に感染した場合

にも重症化する可能性があります。

 

治療法はある?

大人がRSウイルスに感染した場合、軽症で気づかずに過ごしてしまうことがほとんどです。しかし感染力は非常に強く、感染を拡大させないために必要な対策を十分行う必要があります。

 

ただ、今のところRSウイルス特効薬はありません。つまり、明確な治療法はないのです。水分をしっかり補給して、安静にする対症療法が基本となるのです。

なので、以下で解説するような対処法を行いましょう。

スポンサーリンク

対処法

風邪をひいた場合は、水分補給をしてできるだけ休養するのが良いのですが、軽い風邪程度の症状では仕事を休むのは難しく、家事や育児も休めませんね。また、わざわざ病院に行くのも煩わしいですよね。

この時点でRSウイルスを疑う方はほとんどいないでしょう。

 

しかし家族や周囲にRSウイルスで重症化しやすい方がいる場合は、できる限り感染拡大を防ぐように心がけましょう。

外出時だけでなく、家庭内でもマスクを着用し、手洗いうがいをこまめにしましょう。

乳児・高齢者・妊婦・免疫力の低下している方が周囲にいる場合は、必要以上に近づかないようにしましょう。

 

  • 咳が長く続く
  • 喘息のようなゼーゼーという呼吸になる
  • 呼吸の度に肩や腹部に痛みが出る
  • 呼吸困難
  • 多呼吸

などの症状が現れた時は、細気管支炎や肺炎を発症している可能性があります。

このような症状が現れると初めてRSウイルス感染症を疑うことになるでしょう。

この時点ですでに重症化していると考えられますので、すぐに医療機関を受診しましょう。RSウイルスに有効な薬はありませんが、重症化した場合の症状を緩和する治療を開始できます。

 

予防

赤ちゃんを抱える父親

RSウイルス感染症は、今のところ特効薬がありません。かかってしまった場合はできるだけ安静にして水分補給をして回復を待つしかありません。

しかし、できれば感染する前に予防するのが一番良いですね。

 

大人は感染しにくく、感染しても軽症ですむことが多いとはいえ、自分から周囲へ拡大していく危険もあります。家族や周囲の人を守るという意味でもしっかり予防するようにしましょう。

予防の第一歩は手洗い、うがいの習慣です。RSウイルスに限らず、様々な病気からの予防となりますので、習慣づけることが大切です。

 

そして、流行の時期には周囲の人の症状にいち早く気づくようにアンテナを立てておきましょう。早く気付くことで自身や家族の感染を避けられます。

子供がRSウイルスに感染してしまった場合、苦しそうな症状がかわいそうで、自分のことは構わず看病したくなります。

RSウイルス感染症の症状を解説!赤ちゃんは特に注意して!

 

しかし健康な大人でも大量のウイルスを一気に取り込んでしまうと重症化する恐れがあります。

看病する場合もしっかり予防を忘れず、接する時には必ずマスクを着用し、手洗い・うがいをこまめにしましょう。

 

まとめ

RSウイルス感染症は乳児がかかることが多い感染症ですが、健康な大人がかかり重症化することも十分あります。流行期にはしっかりとアンテナを立て、予防に努めましょう。

それでも感染してしまった場合は感染を拡大しないよう注意し、安静に過ごして重症化する前に治しましょう。咳や呼吸器系の異常を感じたら迷わず医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ