新生児のしゃっくりの止め方!効果的なツボも紹介!

赤ちゃんを抱える父親

赤ちゃんはよくしゃっくりをしますね。大人でもしゃっくりが止まらない時は、疲れて辛いものです。赤ちゃんが小さな体で大きなしゃっくりを繰り返していると、心配になります。

 

赤ちゃんのしゃっくりは、実はそんなに辛いものではないと言われています。気にしなくても自然に止まることがほとんどです。しかし、少しでも早く止めてあげたいと思いますよね。

今回は新生児のしゃっくりの止め方やツボについてまとめました。

スポンサーリンク

 

新生児のしゃっくりの原因

family

赤ちゃんはお母さんの体内にいる時からしゃっくりをしています。

これは生まれてからの肺呼吸の練習をしている、あるいは体内に入りそうな排泄物を横隔膜を使って出そうとするためなどと言われています。

 

そのため赤ちゃんは、生まれてしばらくの間も、ちょっとした刺激で横隔膜が痙攣しやすく、しゃっくりをすることが多くなります。赤ちゃんのしゃっくりを引き起こすちょっとした刺激というのは2つあります。

 

1つは母乳やミルクを飲む時の刺激です。空気も一緒に飲み込むことで横隔膜が刺激されるのです。

もう1つはおむつが濡れるなどの理由で体温が下がるという刺激です。しゃっくりは横隔膜が痙攣することで起こりますが、この横隔膜は筋肉組織ですので、冷えると機能に異変が生じやすいのです。

 

これら2つの主な刺激により、赤ちゃんの横隔膜は簡単に痙攣してしまいます。しかし、小さな刺激で始まるしゃっくりはすぐに止まります。

スポンサーリンク

しゃっくりの止め方

新生児のしゃっくりを止める方法はどのようなことが有効なのでしょうか?ここでは、効果的な2つの方法にしぼって詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

ミルクや母乳を飲ませる

大人のしゃっくりを止める方法の1つに、「限界まで息を止める」というものがあります。赤ちゃんに、限界まで息を止めてもらうのは無理ですが、そのかわりにミルクや母乳を飲ませてみましょう。

 

ミルクや母乳を飲んでいる間、赤ちゃんは一生懸命飲むため、大人が息を止めているのと似たような状態になります。

ミルクや母乳を飲んだばかりであれば、お茶や白湯などを飲ませてみてもかまいません。口を塞ぐことで効果が出るということです。

赤ちゃんのしゃっくりは、この方法でほとんど止まります。ぜひ試してみてください。

 

体を温める

赤ちゃんの体温が下がる最も多い理由はおむつがぬれることです。赤ちゃんはオムツにおしっこをしますが、これをお母さんに伝えることができません。

おむつが濡れたまま耳管が経つと、体温が低下して横隔膜の痙攣が起きることがあります。

 

横隔膜は筋肉組織でできているため冷えると痙攣を起こしてしまします。体を温めてあげることでこの痙攣を解消できることがあります。

体を温める方法としてはまず、濡れたオムツを交換しましょう。そして温めたタオルなどをお腹に置いてあげましょう。そうすることで横隔膜も温まり、痙攣がおさまることがあります。

スポンサーリンク

しゃっくりを止めるツボを押す

しゃっくりを止めるためにはツボを押すのも効果的です。しかし、新生児は指圧などの刺激に敏感なのでくれぐれも慎重に行ってください。

ここでは赤ちゃんにおすすめなツボに加えてあまりおすすめできないツボについても紹介します。

 

赤ちゃんにオススメのツボ

気舎(きしゃ)

鎖骨の内端の上際のくぼみです。中心から左右それぞれに指2本分の位置にあります。
2つのツボを同時に押さず、1箇所ずつゆっくり押しましょう。

 

巨闕(こけつ)

みぞおちの下指2本分の位置にあります。ピンポイントで押さず、指4本ぐらいで押し込むように刺激します。赤ちゃんの場合は大人の指2~3本ぐらいで力を入れず優しくゆっくり押しましょう。

 

内関(ないかん)

手首の内側にあり、手首のシワから指3本分腕側にある筋の間に位置します。つわりを緩和するツボと言われれますが、しゃっくりを止める効果もあります。指でやや強めに押しましょう。

 

赤ちゃんにあまりおすすめできないツボ

天突(てんとつ)

victory1

鎖骨と鎖骨の間のくぼみ部分のツボです。まっすぐ押すのではなく、指で下方向に押します。まっすぐ押すと息が詰まることがあるので注意しましょう。赤ちゃんにはオススメできないツボです。

 

太谿(たいけい)

内側のくるぶしのすぐ後ろにあります。呼吸を整える効果のあるツボですので、横隔膜の痙攣を緩和します。指でゆっくり押しましょう。赤ちゃんの場合、足が小さくてツボがわかりにくいのでオススメできません。

 

このように、しゃっくりを止めるツボはいくつかありますが、赤ちゃんのしゃっくりを止める際に押す時は注意が必要です。

赤ちゃんの骨はまだやわらかく、強く押すのは危険です。また、ツボの位置を正確に見つけるのが難しいので、間違ったところを押しているかもしれません。

その赤ちゃんによっても、見つけやすいツボや押しやすいツボがあるかもしれません。合ったツボを探しておくのも良いですね。

 

まとめ

赤ちゃんのしゃっくりが止まらなくても心配はいりません。でも一緒に過ごしていると気になります。早く止めてあげたい時はまず、何か口に含ませてあげましょう。

 

何も飲ませるものがない時はお腹を温めてあげます。それでも効果がない時はツボを優しくゆっくり押してあげましょう。

しゃっくりを止めるツボはいくつかありますので、その赤ちゃんに合ったツボを探しておくと良いですね。

 

これらの対処をしてもしゃっくりが止まらず、長時間続いて心配であれば、気軽に小児科で相談してみましょう。

しゃっくりぐらいで行きにくいと思う場合は、児童センターなどに行ってみるのも良いですね。お母さんの不安を取り除くことは赤ちゃんにとっても大切なことです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ