単純性イレウスの症状と原因とは?赤ちゃんは要注意!

sinsatu

イレウスとは腸閉塞という意味で、腸がなんらかの原因でつまってしまいます。

イレウスには、さまざまな種類があり今回は、単純性イレウスというものについて紹介したいと思います。

単純性イレウスの症状と原因、そして赤ちゃんが注意しなければいけない理由などを中心にお伝えしていきます!

スポンサーリンク

 

単純性イレウスの原因

l_082

冒頭でも述べましたが、イレウスとは、何らかの原因で腸がつまって、ふさがってしまうことを意味します。

単純性イレウスの場合は、腸の周りの血の流れは止まっていないけど、腸がふさがってしまう腸閉塞のことをいいます。

 

一方、絞扼性イレウスの場合は、腸の周りの血管が締め付けられてしまい、血が流れなくなってしまった場合のことをいいます。

絞扼性イレウスについては、以下で詳しく説明していますので、ご覧下さい。
絞扼性イレウスの原因と症状!赤ちゃんは注意!

 

単純性イレウスの原因としては、

・生まれつき腸が塞がっていた
・腸に腫瘍ができて、それが塞いでしまった
・異物を食べてしまい、それが腸を塞いでしまった
・手術後に、腸の中で新しい組織が作られてしまい、
それが腸を塞いでしまった。

などいろいろな原因が考えられます。

 

特に3番目の異物を食べてしまうことには注意が必要です。

赤ちゃんの場合は、目を離しているすきに食べられないものを食べてしまうおそれがあるので、単純性イレウスになる可能性があります。

赤ちゃんが異物を食べてしまったと気づいたら、すぐに病院へ行くようにしましょう!

スポンサーリンク

単純性イレウスの症状

単純性イレウスになってしまった場合は、激しい腹痛が伴います。

症状としては、絞扼性イレウスの場合とほとんど同じです。

ただし、絞扼性イレウスの場合はいきなり激しい腹痛に襲われるのですが、単純性イレウスの場合は、徐々に痛みが増していくことが多いようです。

 

したがって、ただの腹痛だと勘違いしてしまい、腸閉塞だと気づかないことがあります。

単純性イレウスを放置していると、悪化してしまい、他の臓器にまで損傷を与えてしまったり命にかかわる病気となってしまいます。

上記のような原因が心当たりがあり、腹痛を感じるようなことがあったら、単純性イレウスを疑ってみてください。

 

まとめ

単純性イレウスと絞扼性イレウスは、腸がふさがってしまうということは同じなのですが、腸の血行が止まってしまうかどうかで違いがあります。

症状も少し違う点があるので、注意してください。

スポンサーリンク

サブコンテンツ