尿が茶色になる原因と病気の可能性!風邪による影響は?

薬局の人

排尿時に普段と違う茶色の尿が出てきたらとても驚きますよね。『血尿?!』と不安になってしまう方も多いと思います。

ただ尿が茶色になるのは、尿に血が混じっているだけでなくさまざまな原因が考えられます。なかには思ぬ病気が隠れている可能性もあるのでしっかりとチェックすることをおすすめします。

そこで、ここでは尿が茶色になる原因や病気の可能性についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

尿が茶色になる3つの原因

薬局の人

尿は通常、薄い黄色をしています。なので、茶色の尿になってしまうとかなり不安になってしまうと思います。

ここでは、特定の病気以外が原因で尿が茶色になってしまう原因を3つお伝えしていきます。

 

体内の水分が少ない場合

尿の成分はほとんどが水分ですが、薄い黄色っぽく色づいているのはビリルビンという代謝産物によるものです。

私たちが口にした飲食物が消化されるとき、ビリルビンという代謝産物がつくられ、ビリルビンからできたウルクロムという物質が尿中に含まれ排泄されていくのです。

つまり、尿中に含まれるウルクロム濃度が高ければ高いほど尿は色づき、茶色っぽくなることもあるのです。

 

ウルクロム濃度が高くなるときというのは、相対的に尿中の水分が少ないときです。身体が脱水気味で排泄する水分量が少ないときは、尿から排泄される水分は少なくなります。

その結果、体内(血中)の水分が少ないときは、尿が茶色っぽくなることが多いのです。

 

例えば、

  • 水分をあまり摂取していないとき
  • 運動をして汗をたくさんかいたとき
  • 朝起きたとき(睡眠中に体の水分は外に出ていく)

などの場合、体が脱水気味になり尿が茶色になることがあります。

スポンサーリンク

激しい運動の後

上記では、尿中のウルクロムという物質の濃度が増えることにより、尿が茶色に見えるというメカニズムをお伝えしました。

しかし、激しい運動後に尿が茶色になる原因はこのメカニズムとは少し異なります。

 

激しいスポーツやランニングをした後などは、筋肉や赤血球が壊されます。

その結果、赤色のヘモグロビンなどが尿中に混ざり、尿のもともとの色(黄色)と混合することで茶色っぽく見えるのです。

このように書くと、「血尿?!」と思われるかもしれませんが、激しい運動後は少量のヘモグロビンが尿中に混じってしまうことは正常なことなので、心配する必要はありません。

 

また、筋肉などが壊されるだけでなく、膀胱や尿道などが運動により傷つくこともあります。

これにより、同様に赤色と黄色が混ざり、尿が茶色に見えてしまうこともあります。

 

血尿についてはこちらで男女別にお伝えしていますのでぜひ併せてご覧ください。

参考: 血尿が出たけど痛みなし!男性に多い3つの原因!

参考:血尿が出たけど痛みなし!女性に多い4つの原因!

 

ストレス

過剰なストレスをかかえこむことにより、尿が茶色になることもあります。私たちの体がストレスを感じると、筋肉が緊張状態になり、その結果水分が足りなくなります。

これにより、尿から排泄される水分が少なくなり尿が茶色に見えるのです。

 

1 / 2
サブコンテンツ