紫外線アレルギーの症状と原因や対策は?!

a1130_000357

だんだんと、日中の日差しが強くなり、紫外線を多く季節になってきましたね。

あなたは、しっかりと紫外線対策をしていますか?!

今回は、紫外線アレルギーとは何なのか、紫外線アレルギーになるとどんな症状が現れるのか、またその原因は何なのか、ということについてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

紫外線アレルギーってなに?

l_077

紫外線アレルギーとは、紫外線を体で浴びることによって、肌がかゆくなったり、腫れたり、湿疹が出たりします。

特に、腕や首、顔など、日中露出していて、紫外線を多く浴びる部分でこういった症状が起こります。

肌だけではなく、唇や目にも影響を及ぼします。唇は紫外線に弱いので、影響を受けやすいです。

 

唇では、皮がめくれてあれてしまったり、炎症を起こしたり、水ぶくれになってしまう恐れもあります。

目が紫外線アレルギーを起こすと、涙が出て、充血したり、白内障などの目の病気を引き起こす恐れもあります。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーが起こる原因ってなに?

では、なぜこのような紫外線アレルギーと呼ばれる症状が起きてしまうのでしょうか?

紫外線アレルギーになる原因は主に2つあります。

 

1つ目は、その人が受けられる紫外線の限界量を超えてしまったからです。

この受けられる紫外線の量は、人それぞれ違います。特に女性は、男性に比べてこの限界量が低い傾向があるようです。

海辺に立つ男の子

2つ目は、塗り薬や日焼け止めを塗ったことにより、アレルギーを誘引してしまったからです。

その塗り薬などが、その人の体質に合わなく、逆に紫外線を多く吸収してしまい、紫外線アレルギーを発症してしまうのですね。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーに対する対策は?!

じつは、紫外線アレルギーに一度なってしまうと、治すことはとても困難になってしまいます。

完全には治すことがほぼできなくなるので、いかに症状を和らげるか?という治療しかできなくなってしまうわけですね。

 

つまり、紫外線アレルギーにならないように、対策をすることがとても重要になってきます。

その対処法としては、とても基本的なことですが、「紫外線を必要以上に浴びないようにする。」ということが一番大切です。

女性は日焼けを気にして、夏場は対策される方が多いと思いますが、それは、この紫外線アレルギーの対策としても有効です。

 

・肌の露出をできるだけ控える。

・日焼け止めを塗る。

・帽子をかぶり、日を遮る。

・リップクリームを塗る。

・家や車の窓にUVカットのシートを張る。

などが有効な対策法かと思います。

日焼け止めの選び方についてはこちらをご覧ください。

それでも、紫外線アレルギーを起こしてしまう方もいるので、かゆみや肌の荒れを感じたら、早急に病院で診察してもらうことをおすすめします。

 

まとめ

夏場はどうしても、紫外線を受ける量が多くなってしまい、これを避けることはできません。しかし、対策をしっかりすれば、その紫外線を受ける量を最小限にすることができます。

また、晴れの日だけでなく曇りの日にも対策をしっかり行うことが大切です。

曇りの日だと、日差しはほとんどなく、紫外線も少ないように感じるかと思いますが、晴れの日に比べて紫外線量は20%しか減っていません。

 

つまり、紫外線の量は晴れの日も曇りの日もほとんど同じと思っておいたほうがいいです。

しっかりとした知識を身に着けて、紫外線対策を行っていきましょう!

日焼けのケアの仕方については、こちらをよく読んでくださいね!
→【すぐ治る!日焼けのケア方法

 

また、紫外線アレルギー以外で湿疹を伴う病気の
症状や対処法については以下でまとめました。

特に子供の場合について詳しくお伝えしているので
ぜひ参考にしてみてください!
→【子供の湿疹を伴う病気の症状や対処法について

スポンサーリンク

サブコンテンツ