耳下腺炎で大人にあらわれる5つの症状を要チェック!

ベンチ

耳下腺炎は子供にかかりやすい病気と言われていますが、そんなことはありません。

大人が発症してしまうこともあり、さらに大人がかかってしまうと症状が重症化してしまうことが多いのです。

そこで、ここでは大人が耳下腺炎にかかってしまったらどのような症状が起きるのかということをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

耳下腺炎とは?

woman

耳下腺炎とはウイルスにより発症してしまう感染症です。意外と知られていないのですが、耳下腺炎には2種類存在します。

  • 流行性耳下腺炎
  • 反復性耳下腺炎

それでは、それぞれについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

流行性耳下腺炎

このうち流行性耳下炎というのは、いわゆる「おたふく風邪」です。大人が発症することは少なく、4から5歳ぐらいの子供が発症してしまう確率が最も高くなっています。

しかし、もちろん大人にも感染してしまうこともあり、その場合は子供のときより重症化してしまうので注意しなければなりません。この症状については次章で詳しくお伝えしていきますね。

 

「流行性」という言葉が入っていますが、季節を問わず年中発症します。

冬にはやりやすいということが知られていると思いますが、最近は一年中発症することが増えていますので、注意しなければなりません。

スポンサーリンク

反復性耳下腺炎

反復性耳下腺炎というのは、何度も繰り返し「反復」して発症してしまう耳下腺炎のことをいいます。

こちらの場合も、子供に感染してしまうことが多いですが、大人にも発症することがあり、特に女性の方がかかる確率が高くなっています。

 

大人の症状

それでは、子供の場合より重くなると言われている大人の症状はどのようなものがあるのでしょうか。代表的なものは以下のようなことが考えられます。

  • 耳の下が腫れる
  • 発熱
  • 体のだるさ
  • 頭痛
  • 咳や鼻水

このように大人が耳下腺炎にかかったらさまざまな症状が出てきてしまうのです。それぞれの症状について見ていきましょう。

 

耳の下が腫れる

この症状が耳下腺炎で一番代表的なものになります。耳下腺炎になってしまう原因というのは、ウイルスが飛沫感染などで体内に入ってしまうからです。

これにより耳の下にある耳下腺という部分が炎症を起こしてしまい、耳の下や顎のあたりが腫れて、痛くなってしまうのです。

 

この耳の下の腫れは片耳だけの場合も両耳だけの場合もあります。

1 / 2
サブコンテンツ