毛嚢炎が陰部にできた!効果的な膿やしこりの治療法を公開!

サングラスをかけた女の人

ニキビのようなブツブツしたできものができたらそれは毛嚢炎かもしれません。

ニキビのように顔などにできることもありますが、女性でデリケートゾーンにできることもよくあります。

 

悪化すると、ひどいかゆみや痛みをともなうので、その前に治療することが大切です!

そこで今回は、毛嚢炎が陰部にできたときの効果的な治療法についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

毛嚢炎の症状をチェック!

足に手を当てている人

まずは、本当に陰部にできているぶつぶつが毛嚢炎なのかチェックしていきましょう。

 

赤いぶつぶつができている

毛嚢炎は毛穴にウイルスが感染して炎症を起こしてしまう病気です。これにより、赤いぶつぶつができてしまうのが特徴です。

悪化すると、ひとつひとつのぶつぶつが膿をもつようになり、膿疱(のうほう)というものができてしまいます。

さらに悪化すると、これらのぶつぶつは硬くなり、痛みが生じたり熱を持ったりすることになります。

 

かゆみがある

毛嚢炎になるとかゆみ・痛みを生じる場合もあります。症状が進行していない場合は、赤くブツブツしたニキビのようなできものができるだけでかゆみを伴わないことも多いです。

ただこのようなブツブツを放っておくと次第にかゆみが出てきてしまいます。

 

しこりがある

しこりのようなものを感じる場合は、比較的症状が悪化してしまっている段階であると考えられます。赤いぶつぶつが硬くなってしこりのようなものができてしまうのです。

膿を持っていたりすると、ウイルスや細菌が感染してしまっているサインになりますので後述するような対処をしていきましょう。

スポンサーリンク

毛嚢炎が陰部にできる原因

毛嚢炎はブドウ球菌や緑膿菌という菌が皮膚に感染してしまう皮膚病です。

これらの菌は普段も私たちの肌に存在している菌なのですが、ある条件下では、毛嚢炎の症状を起こしてしまう原因の菌となってしまうのです。

 

その条件とは以下のようなものがあげられます。

  • 毛穴が傷ついたとき
  • 運動をして汗をたくさんかいたとき
  • 生理のとき
  • 食生活の偏り

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

毛穴が傷ついたとき

何らかの原因で毛穴に刺激が加わってしまったときやカミソリ負けをしてしまったときに毛穴に傷がついてしまいます。

その傷ついた部分から毛嚢炎の原因となる菌が入り込み感染してしまうのです。

 

運動して汗をたくさんかいたとき

ランニングマシンで走る人

汗をたくさんかくと、皮膚が湿った状態になります。菌は湿度と温度が高い、高温多湿の環境で感染力が最も強くなります。

したがって、汗をかきやすい夏場に毛嚢炎になってしまう人が特に多いです。

 

生理のとき

汗をかいた場合と同様に、皮膚が湿った状態となります。この環境下では、菌が繁殖しやすく毛嚢炎を起こしやすくなってしまうのです。

 

食生活の偏り

食生活が偏っていても、毛嚢炎の原因となります。野菜を全然食べないような食事を毎日繰り返していると肌が荒れてしまう原因となります。

その結果、毛穴に傷がつきやすくなり、感染してしまうのです。

スポンサーリンク

毛嚢炎の治し方

以上のような原因で発症してしまう毛嚢炎ですが、どうやって治療を行えばいいのでしょうか?

 

1 / 2
サブコンテンツ