寝ても寝ても眠い原因は貧血かも?眠気の対処法をチェック!

遠くを見る男の人

よく眠ったはずなのに、寝ても寝ても眠いという方はいませんか。自分が怠け者だからと自分を叱咤する方も多いでしょう。しかし、それは病気が原因かもしれません。

貧血と言えば、顔面蒼白・立ちくらみなどの症状を思い浮かべる方が多いですが、貧血が原因で眠気が生じることもあります。

今回は貧血で眠気が生じる原因と対処法をまとめました。さらに他に眠気が生じる原因についても触れています。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

 

貧血とは

遠くを見る男の人

貧血というのは誰もが聞いたことのある病気ですね。そして貧血と言えば、顔面蒼白になってふらつく、という症状が知られています。

貧血になるとなぜこのような症状が現れるのでしょうか。

一般的にいう貧血というのは、鉄欠乏性貧血と言われるものです。女性に多く見られる病気で、血液中の鉄分が不足している状態です。

 

血液中にあるヘモグロビンは、体中に酸素を運ぶ重要な働きをしています。このヘモグロビンの産生には鉄分が不可欠です。

十分な鉄分を得られない場合、十分量のヘモグロビンが産生されなかったり、ヘモグロビンのサイズが小さくなったります。

 

このように十分なヘモグロビンが産生されないと、全身に十分な酸素を供給できなくなります。そのため、少しの運動で息切れしたり、脳に酸素が十分行き届かずにめまいを起こしたりするのです。

また睡眠時には脳に大量の酸素を供給して深い眠りに入る必要がありますが、鉄分が不足していると睡眠が浅くなり、十分な睡眠時間をとっていても眠気が生じるようになります。

十分な睡眠をとっているはずなのに昼間眠くて仕方がないという方は貧血が原因かもしれません。

スポンサーリンク

貧血による眠気を解消するには

眠気の原因である貧血を治すには貧血の原因を知る必要があります。痔や消化器系のがんが原因であったり、女性ならではの子宮筋腫や月経などが関係することも多いです。

貧血は、血液検査ですぐにわかりますが、なかなか病院に足が向かないという方は鉄分を多く摂取してみてください。

 

鉄分を多く含む食材としては、レバーやほうれん草などが有名ですね。

動物性の鉄分は体に吸収されやすいですが、植物性の鉄分は吸収されにくいのでビタミンCを合わせて摂取すると良いでしょう。

 

毎日の食事から摂取するのが難しいという方はサプリメントを服用してみるのも1つの方法です。

サプリメントは、下痢や吐き気などの副作用を生じる場合もありますので、合わない場合は薬剤師や医療機関に相談してみましょう。

鉄分を多く摂取しても改善が見られない場合は消化器系のがんなどの病気が隠れている可能性がありますので、迷わず内科で相談しましょう。

1 / 2
サブコンテンツ