血尿が出たけど痛みなし!女性に多い4つの原因!

夕日を見つめる人

血尿を発見すると「ドキッ」としますよね。体調が悪くない時は特に驚きます。

女性であれば、生理かな?と見過ごすこともあるかもしれません。

 

しかし、気づかないところで何か重い病気が進行していたらどうしよう…。そんな不安を感じる方もいるかもしれません。

血尿は、体が何かの異変を伝えようとしているサインです。

 

体調が良くても、痛みがなくても、放っておかず適切な対応をしていきましょう。

ここでは女性に多い血尿の原因についてお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

血尿の種類

woman

血尿は、肉眼でわかる血尿と、検尿検査でわかる血尿の2種類に分けられます。

肉眼でわかる血尿から発見される病気としては、

  • 膀胱がん
  • 腎がん
  • 尿管がん
  • 膀胱炎
  • 遊走腎

などがあります。

 

検尿検査でわかる血尿は、顕微鏡血尿と言われ、

  • 膀胱がん
  • 腎がん
  • 尿路結石

などが疑われます。

スポンサーリンク

血尿の男女の違いについて

血尿が出る頻度は、男女ともに年齢に比例すると言われていますが、どちらかといえば男性よりも女性の方が多い症状です。

それは女性の方が尿管が短いために膀胱炎になりやすいことや、生理によるホルモンバランスにも影響されるためと言われています。

 

女性の血尿は、発症は多いものの比較的軽い病気であることがほとんどです。

男性の血尿は、症状が出た時には重篤な病気であることが多く、早急な対応が必要です。

男性の場合の血尿がでる原因については、こちらで詳しくお伝えしています。ぜひご覧になってみてください!
→【血尿が出た!男性に多い3つの原因

 

ストレスは血尿の原因になるの?

ストレスによる疲労などがきっかけで発症したり、悪化したりする病気は多々あります。

そのため、痛みがなく体調の良い時に血尿が見られても「ストレスかな…」とすぐに対応しない方も多いといいます。

 

しかし今のところ、ストレスにより血尿が出るというデータは出ていません。

血尿は、体の異変を伝えるサインです。気づかぬ間に現れた病気を発見するきっかけになります。

 

重篤な病気であれば早期発見により治療がしやすくなるのです。

忙しさから、ストレスのせいにして放置したくなりがちですが、しっかり向き合って対応していくことが大切です。

スポンサーリンク

女性に多い血尿の原因

血尿が出る原因は多々あります。その中で、女性に多い血尿の原因は2つあります。

 

膀胱炎

1つ目は「膀胱炎」です。女性は尿道が短いため、外部から膀胱に細菌が入り込みやすいためと言われます。

膀胱炎の場合、頻尿・排尿痛・残尿感・尿白濁などの症状が出ますので、比較的わかりやすいです。

 

遊走腎

もう一つは「遊走腎(ゆうそうじん)」です。

1 / 2
サブコンテンツ