突発性難聴の完治までの期間と確率はどのくらい?

magnifier1_doctor

突発性難聴は、突然前触れもなく耳が聞こえにくくなります。その原因は明らかになっていなく、悪化すると治療するのが難しくなります。

しかし、早期に発見できれば完治させることができます。

そこで、今回は突発性難聴が完治するまでの道のりについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

突発性難聴の初期症状

l_083

冒頭でも述べたように、突発性難聴疹を完治させるためには早期発見がカギとなります。

以下の項目をチェックしてみてください。

  • 耳に何かつまっている感じがする(閉塞感がある)
  • 耳鳴りがする
  • めまいでグルグルした感じがある

片耳だけ何か不快感を感じたら突発性難聴の前兆かもしれません。

 

一番よくある初期症状としては「耳鳴り」です。

耳鳴りについては、以下で詳しくお伝えしていますのでご覧ください!
耳鳴り原因!ある音が聞こえると危険信号?!

このような異常を感じたら病院で受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

突発性難聴の完治する確率

何度も述べるように、突発性難聴はいかに早く治療できるかが大切です。

現在、突発性難聴が完治する確率は約30%であると言われています。早く治療を開始することができれば、それにつれて完治する確率もあがります。

 

一般的に、耳が聞こえなくなったと自覚してから48時間以内に治療を開始することができれば聴力を改善できることが多いです。

一方で、発症してから1週間以上経過してしまうと、適切な治療を開始しても治すことが困難になってしまいます。

 

突発性難聴が完治するまでの期間

傘をさして歩いている人

突発性難聴が完治するまでの期間も治療を開始する時期が早ければ早いほど短くなります。

一般に、治療を開始して1週間から1か月の間はステロイドなどの投薬による治療を行います。

1 / 2
サブコンテンツ