涙が止まらない精神の病気とは?どんな症状があるの?

風船を持っている女の人

最近、涙が止まらないけど、歳のせいかな…と思っている方はいませんか?

もしかしたら、それは精神の病かもしれません。他に何かサインは出ていませんか?

涙が止まらない精神の病気として3つご紹介します。涙が止まらないということ以外に何か思い当たるところはないか、見直してみてください。

スポンサーリンク

 

うつ病

 

women8

涙が止まらない原因としてまず考えられる病気はうつ病です。うつ病というのは、慢性的に抑うつ状態にある病気です。一日中、そして毎日、抑うつ状態となります。

 

気分が沈み、ただならぬ雰囲気を出すことが多く、周囲から気づかれることが多々あります。この症状は午前中に強く、午後から夕方にかけては弱まる傾向にあります。

 

興味の喪失・食生活の乱れによる体重低下や体重増加・睡眠障害による疲労・動作が遅い・落ち着きがない・強い倦怠感・強い罪責感・思考力の低下などの症状が現れます。

マジメなタイプの方がかかりやすい病気で、「がんばって」という言葉は追い詰める結果になりますので禁句です。

 

うつ病が原因で涙が止まらないという症状が出ることがあります。これは特に午前中に現れることが多いようです。そのため、周囲からは変化に気づかれることが多く、自分でも何かおかしいなと気づくようになります。

 

治療法は、まず休養が大切です。そして薬物治療を行います。うつ病は心の病というイメージがあるかもしれませんが、脳内の神経細胞の神経伝達に障害が出ている状態ですので、薬物治療は有効です。

抗うつ薬は神経伝達の障害を改善させますが、即効性のある薬ではありません。途中でやめず、まず2週間は続けることが大切です。

 

神経伝達機能が回復してきたら、カウンセリングが有効になりますので、気長にカウンセリングを受け、治していきましょう。

スポンサーリンク

プチうつ病

うつ病は周囲からも、本人も気づくぐらい、深刻な精神状態です。しかしそれとは違い、近年プチうつ病と言われる精神病に悩む女性が増えています。

プチうつ病は、軽いうつ病という単純なものではありません。プチうつ病の特徴はどういったものでしょうか。

 

プチうつ病の場合も抑うつ状態になりますが、慢性的ではありません。1週間のうちの1~2日程度で、時間帯は夕方から夜にかけて強くなることが多いようです。

気分の浮き沈みが激しく、どちらかと言えばマイナスの気分の方が多くなります。これまで気にならなかったような小さな出来事で激怒し、その後自己嫌悪でひどく落ち込むということもあります。

family2

食生活の乱れも生じますが、どちらかと言えば過食状態になることが多いです。甘いものを過度に欲し、太ったことに落ち込むようになります。

どんなに睡眠をとっても眠気がとれず、過眠状態になることもあります。この睡眠の乱れから全身の倦怠感を生じる場合もあります。

1 / 2
サブコンテンツ