あいうべ体操で歯ぎしりを防止!本当に効果はあるの?!

magnifier1_doctor

あいうべ体操は最近有名になってきたお口の体操です!自宅で気軽にできる体操なので、楽に継続して行うことができます。

あいうべ体操は、インフルエンザやいびきなどさまざまな症状に効果があるといわれていますが、その中でも今回は歯ぎしりについてお伝えしていきたいと思います。

本当にあいうべ体操で歯ぎしりを防止、改善することができるのか?見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

あいうべ体操とは?

l_209

あいうべ体操はここ数年で開発された新しい体操の方法です。

もともとは、口呼吸をしてしまう患者さんを鼻呼吸させるために行われていた体操なのです。

しかし、最近になって

・虫歯
・歯周病
・インフルエンザ
・リウマチ
・アトピー
・いびき
・口臭
・歯ぎしり

などさまざまな病気の予防、改善に効果があると分かったのです。

さらに、小顔効果やほうれい線を消すなどの美容効果もあることが分かってきて、さらに注目を集めるようになりました。

 

あいうべ体操をやることにより、口呼吸ではなく、鼻呼吸をするようになります。

人間は、空気を口から吸いこむより鼻から吸い込んだほうが、空気中の細菌やウイルスを体内に入れにくくなります。

鼻では、鼻毛や鼻水などによりウイルスが入りにくくなっていますが、口にはそのようなものがなく、入りやすくなってしまっているのです。

 

よって、一見関係がないような感染症の病気などの予防にも効果があるというわけですね!

口呼吸は起きている間だけでなく、寝ているときもしてしまっている可能性があります。

寝ているときに口呼吸をすると、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因にもなってしまいます。

 

さらに、口のまわりや舌の筋肉がやわらかくなるので小顔などの美容効果もあるのです。

スポンサーリンク

あいうべ体操の歯ぎしりに対する効果

それでは、なぜあいうべ体操が歯ぎしりに有効なのでしょうか?

歯ぎしりをしてしまう原因として、ストレスや歯のかみ合わせの悪さがあげられます。

歯ぎしりは寝ているときに無意識でやってしまう場合が多いです。

1 / 2
サブコンテンツ