舌の側面が痛い!その口内炎を早く治す3つの方法!

magnifier1_doctor

舌の側面に口内炎ができると、とても痛いです。なんでピンポイントでそこにできちゃうんでしょうね。

そのまま1週間ぐらい我慢して自然治癒させることもできますが、できればもっと早く治したいですよね。

 

塗り薬や内服薬を使う方法もありますが、別にそこまでしたくはない、って方も多いと思います。

そこで、今回は自宅にあるグッズを使って舌の側面にできた口内炎を早く治す方法をお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

うがいをする

l_141

うがいをするだけで口内炎を早く治すことができます。

口内炎が悪化してしまう原因の多くは、口の中の衛生状態が悪かったり、乾燥していたりすることです。

 

そこで、うがいをすることによりこれら2つの原因に対処することができるのです。ただ、水でうがいをするだけではあまり効果が得られないかもしれません。

私がおすすめするのは「イソジン」と「塩水」です。

 

イソジン

うがい薬で有名なイソジンですが、舌の側面にできてしまう口内炎の治療にも効果があります。

イソジンは殺菌・消毒作用に優れていて、口内炎の炎症作用の原因となる菌を退治してくれます。

もし家にない場合は、なにかと役に立つ薬ですので、この際に買っておくのをおすすめします。

スポンサーリンク

塩水

イソジンをわざわざ買うのはめんどくさいという方は、塩水をおすすめします。塩にも殺菌・消毒作用があります。

ただし、あまりにも濃度を濃くしてしまうとしみて、逆に痛みが悪化してしまうかもしれません。

適量の食塩水になるようにしましょう。少し塩味がするぐらいで十分ですよ!

 

また、塩水でのうがいは口内炎の予防効果もあります。食後の前後や就寝の前後でうがいをすることで大きな予防効果を期待できます。

「そんなに塩水でうがいできないよ」って人は朝起きた直後だけでもうがいするのが良いですね。

 

なぜなら、人の口の中の菌は起床直後にとても多くいます。

このタイミングで塩水でうがいをすることにより、口内炎になるリスクを大幅に下げることができます。

1 / 2
サブコンテンツ