くも膜下出血の後遺症とは?特に記憶障害に注意!

女の人の背後

くも膜下出血は、発症すると約50%の致死率のある危険な病気です。たとえ命をとりとめたとしても、その後の後遺症に悩まされる方もいますし、再発の危険もあります。

できれば発症しないようにしたいですね。今回は、くも膜下出血の後遺症といわれる記憶障害の原因についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

くも膜下出血とは?

girl

ヒトの脳は3つの膜で守られています。内側から、軟膜・くも膜・硬膜といいます。この軟膜とくも膜の間で出血する病気をくも膜下出血といいます。

 

くも膜下出血の原因は高血圧と喫煙と言われています。そして加齢やストレスも原因になると言われています。

ある日突然やってくるというイメージがありますが、実は原因があるのです。くも膜下出血を発症しないよう日頃から注意したいですね。

スポンサーリンク

くも膜下出血後の記憶障害について

くも膜下出血後、記憶障害を起こすことがあるというのは聞いたことがあるでしょう。

これはくも膜下出血が原因というわけではありません。脳の手術を行った後の体の制御機能により起きるものと言われています。

 

脳で出血があった後は、脳が骨と接触しないように脳圧が上がります。

それとは逆に血管では制御機能が働き、血管が緊張して収縮した血管攣縮(けっかんれんしゅく)という状態になります。

このことにより脳へ十分な血液が送られず、記憶障害という形で症状があらわれるのです。

 

この記憶障害は脳手術後の一時的なものがほとんどで、多くは2~3週間で改善されます。しかし、記憶障害というのは本人にも家族にも大きな衝撃です。

焦って思い出そうとしたり、周囲が急かしたりすると回復が遅れることもあります。

 

人によっては改善されるのに10年以上かかることもあります。脳手術後の一時的なものだと理解し、慌てず対応することが大切です。

心配するあまり、根気強く記憶に刺激を与えようと話しかけたりしたくなりますが、まずは焦らず見守ってあげましょう。

 

くも膜下出血の後遺症について

women8

くも膜下出血の後遺症は様々な分野にわたります。どのようなものがあるかみてみましょう。

1 / 2
サブコンテンツ