盲腸(虫垂炎)の原因はストレス?初期症状の痛みは?

眩しそうな子供たち

ただの腹痛だと思っていたら、盲腸だった、、という話はよく聞きますよね。子供から大人まで幅広い世代の方が発症します。

もし、盲腸であることに気づかずに、そのまま放っておいたら重症化してしまい、大変なことになってしまいます。

 

そうならないためにも、盲腸を原因を知っていればあらかじめ防ぐことができます。また、初期症状がどのようなものか知っていれば、症状が軽い時期に対処することができます。

そこで、今回は盲腸(虫垂炎)の原因と初期症状を中心にお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

盲腸になってしまう原因

children

盲腸は虫垂という体の臓器が炎症を起こしてしまうことが原因となります。したがって、正式な名称は急性虫垂炎といいます。慢性虫垂炎という病気もありますが、これは盲腸とはいいません。

急な腹痛が盲腸となります。それでは、何が原因で虫垂が炎症を起こしてしまうのでしょうか?

 

ウイルスの感染

ウイルス性の虫垂炎の場合は、これが原因となります。ウイルスが体内に侵入し、虫垂が炎症を起こしてしまうのです。

本来ならば虫垂が炎症を起こす前にウイルスは体内の免疫作用により退治されるのですが、体調を崩していたり、寝不足であったりして免疫力が低下しているとウイルスに感染しやすくなってしまうのです。

スポンサーリンク

便秘

女性に多い原因です。便秘により虫垂が圧迫されてしまい、炎症を起こしてしまいます。便秘になると盲腸の可能性を高めるだけでなく、お肌が荒れてしまったり肥満の原因にもなってしまいます。

ヨーグルトや納豆などの整腸作用のある食べ物を多くとることで便秘の改善や予防を行うことができます。ぜひ日ごろの食生活から見直していきたいですね。

 

ストレス

ストレスが胃を悪くするのは有名ですが、虫垂にも影響を及ぼします。

仕事や家事などさまざまな場面でストレスを感じることがあると思いますが自分なりのストレス発散法を見つけてストレスをためこまないような生活を心がけていきたいですね。

 

暴飲暴食

食べ過ぎ、飲みすぎは盲腸に限らず様々な病気を誘発してしまうので注意しましょう。脂っこい食べ物を食べ過ぎたりする食生活の方は特に注意が必要です。

 

また、バリウム検査のときにバリウムが盲腸についてしまい、それが炎症の原因となってしまったということもあるようです。

スイカの種を飲み込むと盲腸になるという話を聞いたことが多いと思いますが、それは原因とはならないので安心してください!

スポンサーリンク

盲腸の気づきにくい初期症状

虫垂の場所は下腹部の右側に位置します。したがって、初期の段階では下腹部の中心から右側に徐々にチクチクした痛みが移動します。

 

ただし、右だけではなく左側が痛くなったり胃のあたりが痛くなったり、人によって様々なようです。他にはこれに伴って、下痢、吐き気などの症状があらわれます。

1 / 2
サブコンテンツ