耳から膿が出る5つの原因!病気が悪化する前に対処しよう!

耳

耳から粘り気のある膿が出てきたり、臭いがあったりするとなにか耳の病気になってしまっているのではないか不安になりますよね。

耳から膿が出てくるときは耳の中で炎症が起きている場合が多いです。放っておくと慢性化し、鼓膜が破れてしまったりと悪影響があるケースもあるので早期に対処していくことが重要です。

そこでここでは耳から膿が出る原因や対処法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

耳から出てくる膿について

耳

ふとしたときに耳からねばっとした粘着性の液体が出てきたときは耳の中で化膿が起きていることが考えられます。

これにより耳から膿が出てきてしまうのです。この出てくる液体を耳垂れといい、膿が耳から出てくる現象を耳漏と呼びます。

 

耳漏が起こる主な原因は耳の中のどこかで化膿が起こり、それが膿として外に出てくることです。

耳の奥の方にある中耳という部位で化膿が起こっていれば中耳炎、手前の外耳という部位であれば外耳炎になります。

スポンサーリンク

耳から膿が出る原因

急性中耳炎

急性中耳炎とは、耳の奥にある中耳という部位に細菌が侵入し炎症を起こしてしまう病気です。この中耳は鼓膜の内側に位置します。

それではどういう経路で細菌は感染してしまうのでしょうか。

 

原因

実は細菌は鼻から侵入してから中耳に入ってしまうのです。鼻の奥と中耳は耳管と呼ばれる細い管でつながれています。

この耳管は本来、中耳内の圧と外圧を等しくして鼓膜がピンッと張るための働きをしています。しかし、これにより鼻の奥と耳の奥が物理的につながれていますので細菌が侵入する抜け穴ともなってしまうのです。

 

鼻風邪をひいて、鼻水がたくさん出ると中耳炎になりやすくなってしまうのはこのように細菌の感染経路が鼻から耳であるからです。

 

症状

急性中耳炎になると、

  • 激しい耳の痛み
  • 発熱
  • 耳から膿が出る
  • 腫れる
  • 難聴

などの症状があらわれます。

 

特に子供の場合は耳管が太く短いので中耳に細菌が感染しやすくなっています。これにより子供は鼻風邪から中耳炎に悪化しやすいので注意しなければなりません。

参考:鼻風邪が治らないときの4つの治し方!食べ物を改善しよう!

基本的に完治までは数日から10日ほどといわれています。

 

滲出性中耳炎

耳

滲出性中耳炎とは、急性中耳炎が発症してある程度期間がたって治ってきたときの中耳炎のことをいいます。

滲出性中耳炎では中耳に膿が溜まってしまうことによる中耳炎です。

 

中耳にまだ膿が溜まっている状態なので、滲出性中耳炎でも耳から膿が出てくることがあります。ただ急性中耳炎とは違い耳に激しい痛みや腫れが出ることはほとんどありません。

ただ耳が詰まった感じがする違和感や難聴、耳鳴りといった症状が表れるのが特徴です。

ただ完治までに時間がかかることが多く、軽度の場合はだいたい1ヶ月ほど、長いと数年かかるケースもあります。

スポンサーリンク

慢性中耳炎

慢性中耳炎とは上述した急性中耳炎や滲出性中耳炎が治らずに慢性化してしまった中耳炎です。

慢性化してしまうと完治までにかなりの時間が必要となりますので、慢性中耳炎になるまでに治療を行うことが大切です。

 

症状としては、耳から膿が出てくる耳漏や難聴が起こります。

1 / 2
サブコンテンツ