帯状疱疹の治療期間中の食事療法!おすすめの食べ物5選!

l_143

帯状疱疹は体に発疹が出て、かゆみと痛みが長く続き、辛い病気ですよね、、、。

病気で処方された薬で治すのが一番の治療法ですが、より早く回復するためにもプラスアルファで何かすると良いです!

そこで、今回は帯状疱疹の治療期間中の食事療法についてお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

帯状疱疹食事療法の回復と予防効果

父にかかえられる男の子

帯状疱疹を治すのに食事を変えるだけで本当に効果があるのでしょうか?

帯状疱疹のもともとの原因は私たちの免疫力が落ちてしまったことにあります。

免疫力が落ちたときに、帯状疱疹の原因となるウイルスに感染してしまったのです。

 

そして、この免疫力が落ちてしまう原因は人それぞれ違います。

特に多い原因は、ストレスや疲れがたまってそれにより免疫力が落ちてしまうことです。

他にも、風邪などをひいたり、負傷、老化などが原因で私たちの体がウイルスに対する耐性が落ちてしまったときに感染してしまうのです。

 

つまり、免疫力を回復させることができれば帯状疱疹の悪化を防ぐことができますし、予防にもなります。

免疫力を回復させることで帯状疱疹だけでなく、一般的な風邪や他の病気の予防にも効果があります。

 

特に夏場は、栄養不足になりがちですので、意識して栄養のある食事をとることが大切です。

それでは、どのような食べ物を食べれば免疫力をつけることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

帯状疱疹におすすめな栄養のある5つの食べ物

帯状疱疹という病気は特に「免疫力」をつけることが予防や症状回復に多いに影響を及ぼします。

そこで、帯状疱疹の治療期間中におすすめな食べ物を紹介していきたいと思います。

 

生姜

ウイルスに対する抗菌作用、解毒作用、鎮痛作用を全てかねそなえていて、帯状疱疹に対してとても効果的です。

同時に、体温の低下を防ぎ、血行促進や免疫力の向上を促すので、とてもおすすめな食べ物のひとつです。

1 / 2
サブコンテンツ