蕁麻疹の原因はストレスや疲れで肝臓が悪くなっているから?

ギターをひく男の人

蕁麻疹(じんましん)がよくでてしまう人とまったくでない人の違いは何なのでしょうか?

  • 体に合わない食べ物がたくさんあるから?
  • ストレスや疲れがたまっているから?
  • 肝臓が悪いから?

原因が分かれば、蕁麻疹がでないように対処することができますよね!そこで、今回は蕁麻疹がでてしまう原因や治療法についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

蕁麻疹の原因

guiter

蕁麻疹には主に3つの種類があり、それぞれで原因が異なっています。

 

アレルギー性蕁麻疹

これは、主に食べ物が原因となります。人によって様々ですが、アレルギー反応を起こす食べた直後から数時間後に体に蕁麻疹があらわれてしまいます。

 

蕁麻疹と聞いて、一番イメージしやすいのがこの原因だと思います。この場合は、原因となる食べ物の特定がしやすいので原因解明は比較的簡単ですね。

ただし、体質によっては重症化してしまうことが多く、ひどいときは呼吸困難に陥ってしまう場合があります。このような症状がでたらすぐ病院へ行くようにしましょう。

 

外部の環境による蕁麻疹

この場合は、外からの影響を受けた結果、蕁麻疹になってしまいます。分かりにくいと思うので、以下の具体例を見てみてください。

  • 日光の浴びすぎ
  • 夏場に体を冷やしすぎる
  • お風呂や暖房で体を温めすぎる
  • 体内にウイルスが入る

 

このような、さまざまな原因で人によっては蕁麻疹を起こしてしまうのです。この場合は、人によっていろいろ思いがけないことが原因で起こってしまうので、解明が難しいです。

スポンサーリンク

心因性の蕁麻疹

これは、ストレスを感じたり、疲労を感じたりした場合に起こる蕁麻疹です。緊張によって起こることもありますが、この場合は数時間すれば元に戻ります。

ストレスや疲れの場合は、それが影響で肝臓が悪くなっていることがあるので注意が必要です。このように肝臓が悪くなると、蕁麻疹が出やすくなるといわれています。

 

治療法

食べ物による蕁麻疹の場合は、その食べ物を食べないようにし、医師に相談しましょう。外部環境からの影響が原因の場合は、原因解明が治療への第一歩です。

心当たりがなく、何が影響しているのかわからないことが多いと思いますが、医師に相談して対処しましょう。

 

ここでは、ストレスや疲れが原因の蕁麻疹の治療法について詳しくお伝えしていきたいと思います。

まず、肝臓が悪くなっていることが多いので、肝臓をいたわる食事ととるようにしましょう。そのためには以下のような食事をとる必要があります。

 

・魚や大豆

低脂肪でタンパク質を多く含む食品です。肝臓の元となります。また、魚介類には、タウリンというアミノ酸が含まれていて、この成分も肝臓に良いです。

1 / 2
サブコンテンツ