アルメタ軟膏は赤ちゃんの顔に使っても大丈夫?

父にかかえられる男の子

アルメタ軟膏は、湿疹や皮膚のかゆみを抑えるためのステロイド薬です。

ステロイドと聞くと、「危険な薬」とか「副作用が強い薬」と思う方が多いのではないかと感じます。

確かにステロイド薬は、重篤な副作用を引き起こすこともあります。ただ、しっかりと正しい使い方をすれば、副作用を最低限に抑え、湿疹やかゆみを早く治すことができます。

 

ところが、アルメタ軟膏は赤ちゃんの顔への使用はできるのでしょうか。皮膚の薄い部分の使用は危険と聞きますし、ステロイド薬なのでなおさら不安ですよね。

そこで、ここではアルメタ軟膏の使い方について分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

アルメタ軟膏の強さ

男の子

アルメタ軟膏はどのくらい強い薬なのでしょうか。ステロイド薬とひとくくりにしても、さまざまな種類があり、その強さもいろいろあります。

 

ステロイド薬の強さは、一番強い1群から一番弱い5群の5段階に分かれています。その中でもアルメタ軟膏は、第4群に含まれています。

つまり、アルメタ軟膏はステロイド薬の中で、2番目に作用が弱い部類に属していることが分かりますね。

 

4群のステロイド薬は、連続して使用するとき、子供の場合は1~2週間以内にするようにすすめられています。一方、大人の場合は2週間以内の使用をすすめられています。

スポンサーリンク

赤ちゃんへの使用

前章で紹介したように、アルメタ軟膏はステロイド薬の中で比較的作用が弱い薬です。その分、副作用も低く、使いやすい薬となっています。

よって、幼児や乳児にも処方されることが多くなっています。

 

赤ちゃんの湿疹といえば、乳児湿疹やおむつかぶれ、あせも、アトピーなどが多いと思います。このような症状にも、アルメタ軟膏は効果的です。

ただ、一応ステロイド薬に含まれる薬なので、使用には注意するようにしましょうね。

 

顔への使用

children

顔や首は、体の中で皮膚が薄い部分であり、その分塗り薬の吸収率も高くなります。よって、薬の成分が浸透しやすくなる部分でもあるので、顔には塗っていけない塗り薬というものはたくさんあります。

1 / 2
サブコンテンツ