耳から血が出る原因を分かりやすく解説。どこからの出血かを必ず確認!

耳

耳に違和感がして、ふと触って指に血がついていたらとても驚きますね。しかし、耳の皮膚は非常に薄く血流も豊富なため以外と出血しやすい部位です。

耳から血が出てきた場合、耳のどの部位で血が出ているのか確認することがまず第一に重要になります。

そこで、ここでは部位ごとに耳から血が出てくる原因についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

まずは耳のどこから血が出ているかチェック

耳

耳から血が出ていることが分かったときはまずは耳のどの部位から血が出ているか確認することが大切です。

なぜなら、耳のどこから血が出ているか分かることで多くの場合、出血の大まかな原因が分かるからです。

 

耳から血が出る部位は以下の5箇所が考えられます。

  • 耳介:耳たぶや耳の穴の入り口付近
  • 外耳道:耳の穴の入り口から鼓膜までの部位。耳垢がたまる部位。
  • 鼓膜:外耳と中耳をしきる薄い膜。音による空気振動を感知する。
  • 中耳:鼓膜の奥側にある部位。耳管で鼻の奥とつながっている。
  • 内耳:中耳のさらに奥にある部位。聴覚や平衡バランスをつかさどる器官がある。

 

これらの部位で出血しやすい順に並べるとこのようになります。

外耳道>耳介>中耳>鼓膜>内耳

耳から血が出たとき多くの場合は、外耳道あるいは耳介からの出血になります。ある特殊な条件で鼓膜や中耳での出血が見られ、内耳で出血することはほとんどありません。

それではそれぞれの部位で出血が起こる具体的な原因についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

耳から血が出る原因

外耳道での出血

外耳道とは、耳の穴の入り口から鼓膜までの部位になります。耳垢がたまり、耳掃除をする部位が外耳道になります。

耳から血が出てきた場合、この外耳道から出血しているケースが一番多くなります。なぜなら、耳掃除などのときに刺激しやすく、皮膚がとても薄く毛細血管が集中している部位であるからです。

 

外耳道はとてもデリケートな部位で少しの刺激で傷ができてしまいそこから出血してしまいます。そのような繊細な部位を耳かきや綿棒で刺激してしまうと血が出てしまうのは想像できますよね。

このように耳掃除や指・爪で耳の中を刺激することで外耳道が傷つき血が出てしまうケースが多いのです。

 

また、外耳道では外耳炎という耳の病気も発症しやすいです。外耳炎とは、外耳道にできた傷から細菌が侵入し炎症を起こしてしまう病気です。

外耳炎になると耳の痛みやかゆみといった症状があらわれます。また、傷で炎症が起きるので血が出てしまうケースも多くなります。

 

外耳炎は軽症であれば数日で自然治癒しますが、悪化してしまうと痛みやかゆみの症状もひどくなり完治までの期間が長くなってしまいます。3日間以上経っても治らない場合は耳鼻科で受診するといいでしょう。

参考:外耳炎の耳の痛みや頭痛はいつまで続く?自然治癒はするのか解説します

 

耳介での出血

耳

耳介とはなかなか聞き慣れない言葉ですが、正確には耳の穴より外に出ている耳の部位全体のことをいいます。

1 / 2
サブコンテンツ