風邪で耳が痛いときは要注意!考えられる3つの原因

顔に水をかぶる女の人

風邪の症状は様々で、発熱・頭痛・腹痛・嘔吐・咳・鼻水・鼻づまりなど、どの症状もつらいものです。このような症状と合わせて関節の痛みや耳の痛みを併発する方もいます。

耳の痛みは人に伝えるのが難しく、特に子どもでは重症化しやすいといいます。

今回は風邪で耳が痛くなる原因と対処法についてまとめました。早めに気づいて対処することで重症化せずに済みますので参考にして下さい。

スポンサーリンク

 

風邪で耳が痛くなる原因

neko

体がだるくなったり、熱がでる風邪にともなって、耳が痛くなってしまうことがよくあります。この考えられる原因について3つ紹介したいと思います。

 

急性中耳炎

風邪のウイルスが耳に感染すると急性中耳炎を引き起こします。急性中耳炎は刺すような激しい痛みが出ますので、子どもでも痛みを伝えたり不機嫌になるなどのサインを出しますので発見されやすいです。

 

通常、中耳炎はプールやお風呂など、外部から水などと一緒に菌が入ってしまい中耳で炎症をおこします。

しかし風邪を引いた時には鼻や喉から耳管にウイルスが侵入して炎症を起こし、膿が中耳にたまって起こります。

 

中耳炎は放置すると難聴になったり、髄膜炎を引き起こしたりしますので、早めの治療が大切です。

夜間など、すぐに病院へいけない場合は耳を冷やして痛みを緩和させましょう。

急性中耳炎を繰り返していると、風邪をひく度に中耳炎になってしまう慢性中耳炎になる可能性もあります。しっかり治療を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

耳管狭窄症・耳管開放症

風邪のウイルスが耳管に感染すると、耳管が炎症を起こします。耳管は中耳と咽頭をつなぐ管で、中耳と外界の圧が平衡に保たれるように通気の役目を果たしています。

風邪を引いて喉や鼻に炎症が出ると、咽頭から耳管にウイルスが感染し、炎症を起こすことがあります。これにより中耳の平衡が保てなくなるのです。

 

耳管が塞がって通気できなくなった状態を耳管狭窄症といい、逆に耳管が開きっぱなしになった状態が耳管開放症です。

どちらも耳の閉塞感を感じますが、子どもはこの症状を伝えづらく、治療が遅れることがあります。

 

耳管狭窄症の場合、咽頭からカテーテルを挿入し空気を入れる耳管通気療法が行われます。耳管開放症の場合、殺菌消毒のため耳管にルゴール液を噴霧する治療を行うことが多いです。

いずれにしても、早めの治療で痛みや閉塞感が改善されますので、放置せず耳鼻科で相談しましょう。

1 / 2
サブコンテンツ