喉風邪の治し方!痛みを早く治したい方必見!

滝

風邪にはいろいろな症状がありますね。どれも辛いですが、喉が痛いというのは何とも耐え難いつらさです。

このつらい痛みは少しでも早く治したいですね。

今回は喉風邪を引いた時のつらい痛みを早く治す方法をご紹介します。

知っていると喉風邪のつらさが早く和らぐかもしれません。ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

喉風邪の引きはじめの対処法

滝

朝起きたら喉がおかしい…と思っていたら、翌朝はもう痛くて声も出せない…なんて経験はありませんか?

引きはじめに適切な対処をしておくと、このように酷くならずに済むかもしれません。

 

のどがおかしいと思ったらひどくなる前にまずうがいをしましょう。

余裕があればぬるい緑茶でうがいをすると殺菌効果があり、より効果的です。一旦うがいをして喉をすっきりさせたら、首周りを温めましょう。

 

寒いところに入ると咳が止まらなくなるという経験はありますよね。

喉を冷やすと咳がひどくなり悪化する傾向にあります。

これ以上ひどくならないように、冬ならマフラー、夏ならタオルやストールを首に巻き、冷えないようにしましょう。

 

もし手持ちでカイロがあるなら首に貼るとより効果が高いです。貼るタイプがなくてもタオルやハンカチに巻いて首にあてるようにすると良いですね。

喉が痛くなる前にこのような対処をすると、勘違いだったのかな?と思うぐらい症状が引くことがありますので是非試してみて下さい。

スポンサーリンク

喉風邪を引いてしまった時の対処法

それでは、喉風邪を引いてしまった場合はどのような治療をしていけばいいのでしょうか。自分で簡単にできる5つの対処法を紹介していきます。

 

濡れマスクを着用する

喉風邪はそのほとんどがウイルスの感染による喉の炎症です。このウイルスは乾燥しているととても活発になります。

のどを乾燥させないように、外出時だけでなく無防備な就寝時にもマスクを着用しましょう。マスクはできれば濡れマスクの方が効果が高いです。

 

のど飴を食べる

のど飴を口に入れると常に唾液が出るため自然と喉がうるおいます。

のど飴を口に入れるのは濡れマスクをするのと同じ目的なのです。

 

喉にやさしい食事をとる

レンコンは喉の炎症を抑える効果があるといいます。特に生レンコンの絞り汁は効果が高いようです。

レンコンの絞り汁が苦手という方は大根おろしがおすすめです。大根おろしも炎症を抑える効果があります。

 

喉に炎症がある状態で刺激物を食べたり、冷たいものを摂取すると痛みが増してしまします。刺激の少ない温かいものを摂取するようにしましょう。

1 / 2
サブコンテンツ