溶連菌感染症の薬の飲み忘れに注意!飲まないと悪化する?

コーヒーを飲んでいる人

溶連菌感染症にかかって病院へ行くと、症状にあわせて解熱剤や喉の痛みを治す薬を処方してもらえるはずです。

それに加えて、溶連菌を退治する抗生物質がもらえます。

その抗生物質の飲み方について注意しなければならない点がいくつかあるので、今回は溶連菌感染症の薬の飲み方についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

溶連菌の薬を飲み忘れた場合

medicine

溶連菌の薬を決められた時間に飲み忘れてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

その場合は、気づいた時点で服用してください。この理由を以下で説明していきますね!

 

溶連菌が繁殖しないようにするために

溶連菌感染症にかかったら、どんな症状でも溶連菌を退治する抗生物質を処方してもらえます。この抗生物質の成分が、体内で溶連菌に作用して死滅させる効果を持っているのです。

つまり溶連菌感染症を治すためには、抗生物質が溶連菌に対して常に作用しつづける環境をつくることが治療の秘訣になります。

 

抗生物質を処方されたら種類によるのですが、「1日に3回食後に服用してください。」と言われることが多いと思います。

これは一定の時間間隔をあけて飲むことにより、血液中に抗生物質ができるだけなくならないようにしているからです。

 

ので、もし溶連菌の抗生物質を飲み忘れてしまったら、気づいた時点で服用することが重要です。あまり長い時間抗生物質を服用していないと、再び溶連菌が増殖を始めてしまうチャンスを与えてしまうのです。

スポンサーリンク

用法容量について

ただし、用法容量は守ってお使いください。飲み忘れたからといって、1度に2回分飲んだり、短い間隔で2回服用したりするのはよくありません。

もし、その日にある程度の間隔をあけて飲むことができないようだったら、次の日に繰り越しても問題ありません。

 

子供が抗生物質を吐いてしまう場合

浜辺を歩く家族

抗生物質は独特な苦みがあるので、小さなお子さんですと服用が難しいこともあります。この場合は、薬を市販のカプセル入れてあげることにより苦みを感じずに飲ませることができます。

カプセルの量が少し多くなってしまうと思いますが、こちらのほうが楽だと思います。

 

また、薬を飲むためのゼリーも販売されています。甘い味がするゼリーと一緒に薬を服用するので、独特な苦みを感じずに飲むことができます。

スポンサーリンク

溶連菌を薬を飲む期間

溶連菌感染症になり、正しい治療薬を服用したら2、3日で体調が回復することもあり、その後は薬の服用をやめてしまう人が多いです。しかし、これは再発してしまう可能性が高いです。

1 / 2
サブコンテンツ