酸欠の意外な症状!その危険性を分かりやすく解説!

旅する人

人は酸素が不足すると活動できません。人は、様々な環境や病気により酸欠状態に陥りますが、その症状を知らなければ対処することができません。

酸欠時間が長くなると死に至ることもありますので、症状を把握しておくことはとても重要です。

今回は酸欠の症状について解説していきます。自分自身や周囲の人の症状は酸欠が原因かもしれません。ぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

 

環境による酸欠

旅する人

狭い場所での作業や満員電車の中など、呼吸に必要な酸素を十分得られない環境で長時間過ごすと酸欠となり様々な症状が現れます。

通常、空気中の酸素濃度は約21%ほどです。そして正常な人の肺の中の酸素濃度は個人差はあるものの約16%と言われています。

呼吸をすることでこの酸素濃度は保たれますが、空気中の酸素濃度が低いと肺の中の酸素濃度も低くなってしまいます。

 

空気中の酸素濃度が16%より低くなると、脈が早くなる、頭痛・吐き気・集中力の低下などの症状が現れます。12%より低くなると、めまいや筋力の低下が現れます。

10%より低くなると、顔面蒼白・嘔吐・意識不明などの症状が現れます。8%を切ると、昏睡・けいれん・呼吸停止など、非常に危険な状態となります。

このように、空気中の酸素濃度の低下は生命にかかわることもありますので、軽い症状のうちに気づき、十分酸素を得られる場所へ移動することが大切です。

スポンサーリンク

体質やストレスによる酸欠

生活環境が十分な酸素濃度であっても、体質的に呼吸が浅い人やストレスによっても酸欠になります。

急激な酸素濃度の低下ではなく、日常的に呼吸が浅いために十分な酸素が取り込めない場合も様々な症状が現れるのです。

 

冷え性・肩こり・偏頭痛・疲れやすい・集中力の低下などの症状は酸欠によるものかもしれません。深い呼吸ができるような対策を試してみましょう。

部屋の換気をこまめに行い、深呼吸を頻繁に行うようにしましょう。また、適度な運動を心がけると、肺活量が上がり呼吸が深くなります。

ストレスが原因である場合、深呼吸や適度な運動はリラックスにつながりストレス解消にもなりますのでぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

貧血による酸欠

鉄分が不足して起こる鉄欠乏性貧血は女性に多い症状です。女性の方が、血液を作るのを助ける男性ホルモンが少なく、また月経・妊娠・出産などで血液を失うことが多いためです。

貧血は血液中のヘモグロビンの量が減り、血球が小さくなっている状態です。体中に酸素を運ぶ働きをするヘモグロビンの活動が弱まるため、全身で様々な症状が現れるのです。

1 / 2
サブコンテンツ