微熱が続く!咳や頭痛の症状もあるときの4つの原因

たくさんの気球を見つめる子供

微熱が長い間続き、なかなか治らない!こんなときって咳や頭痛の症状に悩まされることもあります。

ただの風邪ならば良いのですが、時に風邪とよく似た他の病気であることがあります。

そこで、ここでは微熱と咳や頭痛の症状を伴うときに考えられる原因や病気のことについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

風邪

alone

微熱があり咳が出て頭痛がある、総合的に考えると「風邪」ですよね。上気道に微生物が感染すると人は風邪になります。興味深いことに80~90%はウィルスによります。

 

私たちの周りにはウィルスが四六時中存在しています。一年中私たちはウィルスを吸い込んで生活しています。何で風邪にならないのでしょうか?それは、体には免疫力があるからです。

免疫があるので体の中に細菌やウィルスが侵入してきても免疫がやっつけてくれます。つまり、通常は体が微生物に勝つわけです。

 

しかし、時にそうはいかないときがあります。疲労、睡眠不足、栄養不足で体力を失うと微生物が勝ってしまいます。そして、あのつらい熱と咳と頭痛といった症状に苦しむことになります。

スポンサーリンク

肺結核

肺結核である可能性も考えられます。肺結核菌に感染しても発症する人は110~20%です。興味深いですね。発病時期は感染後約1年の間で半数が、残りは1年後から一生の間のどこかで発病します。

 

しかし、忘れないでください。発病する人は10~20%です。つまり80~90%の人は発病しません。
あなたのまわりにいる、あの人は結核菌に感染しているけど、ただ単に発病していないだけかもしれません。興味深いですね。

また、結核菌は休止菌になることがあります。休止菌とは死んでおらず、増殖せず、冬眠しているような状態のことです。どうやら、発育期に不利な状況になると休止菌になるようです。

woman7

さらに、結核菌は休止菌になり死なずに時期を待つことができるのです。人は年を取りますし、生活習慣病にかかったりします。そうなると、免疫力が弱くなります。その時期を狙って再び結核菌が活発になるのです。

肺結核は軽い咳がでるくらいでふつうの風邪の症状と何ら変わりないことも多いです。しかし、微熱と咳などが2週間以上続く場合は肺結核の心配をしたほうがいいでしょう。

 

悪化するにつれて、呼吸がしにくくなったり、痰に血が混じったりする場合もでてきます。

1 / 2
サブコンテンツ