手の指先がしびれる9つの原因!重大な病気に注意しよう!

シャボン玉

指先のしびれがあると、何か怖い病気ではないかと不安になりますね。指先のしびれの原因は様々で、すべてが怖い病気ではありません。

そこで、今回は手の指先のしびれる原因を9つ解説していきます。

さまざまな要因が考えられますが、しびれる部分や他の症状など、自身のしびれの原因がわかるヒントになると思います。参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

シャボン玉

手首には指の神経が束になった手根管(しゅこんかん)という部分があります。

手根管はトンネルのように狭くなっているので、神経が圧迫されやすい部分です。

ここで神経が圧迫されると、親指から薬指の内側半分までのどこかでしびれや痛みを生じます。これが手根管症候群です。

 

原因は解明されておりませんが、女性に多い病気なので女性ホルモンに関連しているとも言われています。

また、甲状腺や糖尿病などの病気と関連することも知られています。

 

手根管症候群の場合、

  • 親指から薬指の内側半分まででのみしびれが生じる
  • 手にひらだけにしびれが生じる
  • 夜間や早朝に強いしびれが出る

などの特徴があり、これらの特徴があれば手根管症候群と考えられます。

 

治療法としては、手根管への刺激を減らすため、固定装具を使って手首を固定します。

手首をよく使う方に多い病気ですので不便になると思いますが、患部を安静に保つことが重要です。

痛みが強い場合は痛み止めやステロイド注射なども行います。慢性化している場合は手術により圧迫をとることもあります。

スポンサーリンク

指神経麻痺(ししんけいまひ)

指神経には正中神経尺骨(しゃっこつ)神経という2本の神経があります。これらの神経のどこか一部を常に圧迫するような動作をすると指にしびれが発生することがあります。

例えば楽器を演奏する際にいつも親指関節部分に楽器が当たった状態になるとか、仕事で使うドライバーの柄がいつも親指の付け根あたりに当たるなど、特殊な動作が原因になります。

 

慣れているように思うかもしれませんが、大会前で演奏の猛特訓をした時や仕事が急に忙しくなった時に発症する場合があります。

指神経麻痺は、どこか一点を強く押した時にしびれが発生するので、しびれのある指から手首にかけてのどこかを押してみて、しびれが強くなる部分を探します。

その部分にいつも負担をかける動作をしていれば、それが原因となります。

 

その動作を控えたり、負担が軽くなるような工夫(手袋を付けてみるとか)で改善されます。

ちょっとした工夫で改善される可能性のある症状ですので試してみましょう。

 

血行不良

黒い犬

長時間正座をした時に足がしびれたという経験は誰もがあるのではないでしょうか。これは、体重で足の血管を圧迫して血行不良を起こし、末端神経が圧迫されて起こるしびれです。

腕を枕がわりにして眠り、起きた時に腕の感覚がないというのも同じで血行不良が原因となっています。このような場合のしびれは、圧迫を解くことで次第に改善されていきます。

 

1 / 2
サブコンテンツ