指に刺さったトゲが抜けないときに知っておきたい抜き方5選

こちらに指をさしている人

指にトゲが刺さったという経験は誰もがあるのではないでしょうか。大きいトゲや色の濃いトゲであればすぐに発見して抜くこともできます。

しかし、小さなトゲや中に入り込んで見えにくいトゲは、刺さった位置さえ確認できないのにズキズキと痛むということもあります。

 

指に刺さったトゲは早く取りたいですが、なかなか取れないことも多いです。そんな時は放置していても大丈夫なのでしょうか。

今回はトゲが刺さってしまった時の対処法やトゲが刺さったまま放置したらどうなるのかお伝えしていきます。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

トゲを抜く5つの方法

指に刺さってしまったトゲを爪などで取ろうとしてもなかなか取れないときは、身近にある意外な道具を使って簡単に取れることがあります。

ここでは5つの方法を具体的にお伝えしていますのでぜひご自身に合った抜き方を見つけてみてください。

 

硬貨を使う

こちらに指をさしている人

トゲの位置が確認できるものの、奥に入ってどうにも抜けないという場合、五円玉や五十円玉などの穴の開いた硬貨が効果的です。

トゲの位置に硬貨の穴がくるように置き、トゲの周囲を硬貨で押します。そうすると、トゲは周囲から押されて外に押し上げられてきます。

少しでもトゲが外に出てきたら、清潔なピンセットなどでそっと抜き取りましょう。

スポンサーリンク

針を使う

縫い針やまち針などを使って取る方法は、闇雲にほじくってしまうと傷が大きくなったり感染症を起こしやすくなるので注意しましょう。

針を使う場合は、針の先端をライターなどで軽く消毒し、トゲの周囲の皮だけを少しずつ破ります。皮の下まで深く刺すと痛みも強く、傷がなかなか治らなくなりますので慎重に行いましょう。

皮を破ってトゲが確認できたら、周囲をつまんでトゲを押し上げてみましょう。トゲの先端が出てきたら清潔なピンセット等でやさしく抜き取りましょう。

 

ハチミツを塗る

ハチミツは栄養たっぷりの食材ですが、皮膚の組織を再生する効果があるため、トゲが刺さった部分にハチミツを塗っておくとトゲが浮き上がってきて抜き取りやすくなります。

物理的に押し上げるのは痛みも伴いますが、ハチミツは皮膚を再生することで効果を発揮するので痛みがありません。殺菌効果もあるので安心です。

ただし、1歳未満の乳児の場合、体内に入ってしまうと危険ですので使用しないで下さい。

 

野菜の汁を塗る

柵をつかんでいる女の人

ニラやネギをよく揉んで出てきた汁をトゲの刺さった部分に塗ります。

1 / 2
サブコンテンツ