左のこめかみが痛い!この頭痛が起きる4つの原因

雨が降る横断歩道

頭痛にはたくさんの種類があります。全体が痛くなるものもあれば、前面のみ、また側面だけが痛い場合もあります。

しかし、左のこめかみが痛い場合、どんな病気の可能性があるのでしょうか?

そこで、ここでは左のこめかみが痛い原因についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

左のこめかみが痛い4つの原因

rain2

左のこめかみが痛い場合に考えられる病気は

  • 偏頭痛
  • 群発頭痛
  • 脳梗塞、脳出血などの脳の病気
  • 上部頸椎からくる痛み

を挙げることができます。

4つの病気の可能性を指摘しましたが、自分がどれにあたるのかどうしたらわかるのでしょうか?どんな判断材料があるのでしょうか?それぞれについて詳しく見ていきましょう!

 

偏頭痛

もしその頭痛に吐き気を伴うようであれば、また、ズキズキと脈打つような痛みであれば「偏頭痛」と考えられます。

 

偏頭痛は片頭痛とも呼ばれていて、左右のどちらかに偏った頭痛が起こります。偏頭痛により頭のどの位置に痛みを生じるかは、人それぞれですが、こめかみのあたりに痛みを感じてしまう方も多いようです。

ストレス、疲労、睡眠不足、食生活の乱れが原因で起こります。頻度は月に1回とか週に1回など人によってさまざまですが、このタイプの頭痛が起こります。

 

対処法としては、これらの原因を改善できるように努力することが一番です。特にストレスを解消するように意識するといいでしょう。

ストレスを解消するためには、ひとりの時間をつくり休息をとったり、日々の睡眠時間をしっかり確保するのが効果的です。

スポンサーリンク

群発頭痛

次の可能性ですが「群発頭痛」です。患者数が少ないタイプの頭痛です。特徴としてはこめかみの痛みに加えて、目の奥がズキズキするような痛みを伴います。

 

季節の変わり目に多く、20代~40代の男性に多く見られます。飲酒や喫煙、気圧の変化によって引き起こされることが多いです。

偏頭痛では主に「ストレス」が原因だったのに対し、群発頭痛の場合は、個々人の「体質」によるところが大きいです。

 

1 / 2
サブコンテンツ