舌の下に口内炎ができる4つの原因!

iryou_kusuribako

誰もが一度は口内炎に悩まされたことはあるのではないでしょうか?

口内炎ができる場所は、口の中、歯茎、唇、舌など口の周りのいろいろな場所にできてしまいます。

 

その中でも特に、舌に口内炎ができるとやっかいです。少し舌を動かすだけでも痛みを感じますし、食事をするときは特に大変だと思います。

そこで、今回は、舌の下に口内炎ができてしまう原因についてお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

ストレスが原因の口内炎

medicine-man

口内炎が舌の裏にできてしまう原因としてまず考えられるのがストレスです。

日頃から仕事、家事、育児、人間関係などで肉体的、精神的にストレスを感じていると口内炎ができやすくなってしまいます。

ストレスが原因でできる口内炎は、アフタ性口内炎と呼ばれていて直径数ミリの白いできもののような形をしています。

 

ストレスや疲れをためないようにしましょう!

  • 睡眠時間をしっかり確保する
  • 生活リズムを整える
  • 忙しくても一人の時間をつくる
  • 適度な運動を行う
  • 趣味など好きなことに没頭できる時間をつくる

自分なりのストレス発散法を見つけてみてください。

スポンサーリンク

ビタミン不足が原因の口内炎

ビタミン不足も致命的です。

ビタミンにはさまざまな種類がありますが、舌の下にできる口内炎の原因となるのはビタミンB2とビタミンCの不足です。

 

ビタミンB2とビタミンCは粘膜の炎症を抑えてくれる効果を持っています。

したがって、これらが不足すると口内炎ができやすくなるとともに、治りにくくなってしまうのです。

ビタミンB2とビタミンCはどのしょうな食事をとれば摂取できるのでしょうか?

 

ビタミンB2はレバー、うなぎ、青魚、牛乳、納豆、卵などに多く含まれています。

また、ビタミンCは柑橘系の果物や緑黄色野菜に多く含まれています。

以上のような食品を普段あまり摂取していないな、と感じる方は、意識的に食べるようにしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

喫煙が原因の口内炎

タバコを吸う方は注意が必要です。長期的に喫煙をしていると口内炎の原因となります。

1 / 2
サブコンテンツ