胸骨の真ん中の痛みに要注意!その意外な原因とは?

歩いている女の人

急に胸が痛む…そんな症状が何度もあると怖いですね。胸の辺りにはたくさんの臓器があります。

その中には生命維持には絶対に欠かすことのできない心臓や肺も含まれます。体を支える重要な骨格もあります。

 

考えてみると、可能性がありすぎて不安でいっぱいになりますね。一言で「胸が痛い」と言ってもいろいろあります。

激痛なのか、鈍痛なのか。奥のほうが痛いのか表面が痛いのか。どんな時に痛むのか…などなど。

ここでは、胸骨の真ん中の痛みの原因について考えてみました。

スポンサーリンク

 

胸骨の奥の方に痛みを感じる原因

family

胸骨の奥には心臓・肺などの重要な器官があります。奥の痛みの原因は広範囲に渡ります。

 

胸膜炎

胸膜に炎症が起こり胸水が溜まった状態になります。

 

膿胸

黄色ブドウ球菌・肺炎桿菌などの嫌気性菌や結核菌が原因で胸痛・発熱・呼吸困難などを引き起こします。

 

解離性大動脈瘤

強烈な痛みを伴い意識障害やショック状態に陥ることもあります。

 

そのほかにも、

肺結核・気胸・肺気腫・肺血栓塞栓症などの肺の病気でも胸骨の奥の痛みが生じます。

また、急性胃腸炎・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎などの消化器官の病気でも同様の痛みが生じます。

スポンサーリンク

肋間神経痛

family

胸骨が痛む病気と言えば胸骨が痛む病気としてよく知られているものに、肋間神経痛があります。

肋間神経痛は背中や体の側面からの痛みが出ることが多いようです。

 

症状としては、突如刺されるような激しい痛みが生じます。あらゆる病気による症状の一つで、原因は多々あります。

  • ストレス
  • 疲労
  • 軟骨のズレ
  • 胸骨と鎖骨や肋骨の脱臼
  • 自律神経の乱れ
  • 内臓疾患
  • 肺がん
  • 肺炎
  • 骨粗鬆症

など、広範囲に渡ります。

 

1 / 2
サブコンテンツ