口の中が苦いのは病気かも?6つの原因をチェックしよう!

サングラスをかけている女の人

口の中が苦くて不快に感じた経験はありませんか。体が健康で口の中だけが苦いとしたら、何か口に入ったのかなとか、食べ合わせが悪かったのかなと思いますね。

しかし、不調を感じたりストレスを感じていたりすると、何かの病気のサインではないかと心配です。

今回は口の中に苦味を感じる原因と病気の可能性についてお伝えしていきます。口の中の苦味が気になっている方はぜひ最後までご覧下さい。

スポンサーリンク

 

口の中が苦い原因

口腔乾燥

サングラスをかけている女の人

口の中は通常、唾液がほどよくあります。しかし、乾燥して唾液がない、あるいは少ない状態になると苦味を感じることがあります。

口の中が乾燥している場合、まずはその原因を知ることが大切です。

 

口呼吸

風邪や花粉症などで一時的に鼻水・鼻づまりとなり口呼吸をしていた場合は、口呼吸を鼻呼吸に戻すことで改善されるでしょう。

 

通常ヒトは鼻呼吸をします。これは鼻呼吸が、鼻毛や鼻の中の粘膜がフィルターとなって防御してくれるためです。

しかし、何らかの理由で鼻呼吸が困難な方もいます。口呼吸をすると、空気中のウイルスや細菌を防御するフィルターがないので、これらが体内に侵入しやすくなります。

長年口呼吸をしているという方は原因を知り、鼻呼吸ができるようにしていきたいですね。

 

口呼吸の改善方法についてはこちらで詳しくお伝えしているのでぜひ参考にしてみてください!

参考:口呼吸の治し方!超効果的な3つの改善方法とは?

 

シェーグレン症候群

他にも口の中が乾燥する原因はあります。自己免疫疾患の1つでシェーグレン症候群という病気があります。

これは膠原病(こうげんびょう)の合併症として現れる二次性シェーグレン症候群と、合併症のない原発性シェーグレン症候群に分けられます。

 

このうち、原発性シェーグレン症候群の症状の1つに口腔乾燥があります。

シェーグレン症候群は治療法が確率されていない病気ですが、軽い目の乾燥・鼻腔乾燥・口腔乾燥などの症状だけという方も多く、この場合は気づきません。

 

ひどい乾燥に悩んでいる方は、唾液分泌を促進する薬の服用などの対症療法がありますので医療機関で相談してみましょう。

口腔乾燥は、口の中の苦味や違和感を感じるだけではなく、ウイルスや細菌が侵入しやすくなったり、虫歯になりやすくなります。口の中を清潔に保ち、保湿することが大切です。

スポンサーリンク

舌苔(ぜったい)

口の中の苦味に加え口臭も気になるという方は、舌苔が原因となっているかもしれません。

舌苔は舌の表面の角質が伸びて固くなり、食べかすや細菌などがその隙間にたまって白い苔のように見えるというものです。

 

舌苔ができる原因は様々です。乾燥により食べかすなどの汚れがとれにくくなりできる場合もあればストレスや病気で唾液が少なくなることでできることもあります。

1 / 2
サブコンテンツ