胸焼けの原因と解消法を解説!コレは絶対に知っておいて!

振り返る女の人

胸焼けがするととても不快ですが、原因がわからず対処できていないという方はたくさんいます。

胸焼けの原因は2つあり、その原因を知ることで解消法も異なります。

 

そこで、今回は胸焼けの原因と解消法について解説いたします。自分の胸焼けはどのタイプかわかれば解消できるかもしれませんので参考にしてください。

スポンサーリンク

 

胸焼けの原因

振り返る女の人

まずは、胸焼けが起きてしまう原因について解説していきます。

主な原因としては、胃酸が過剰に分泌されてしまう胃酸過多と胃酸が逆流してしまう逆流性食道炎があげられます。

 

胃酸過多

食後に胸焼けがするような場合は、胃の機能が低下していることが考えられます。

健康な胃であれば、食後2~3時間ほどで消化を終えます。しかし、胃が弱っていると消化に時間がかかってしまい、3時間経っても消化が終わらないため胃酸が分泌され続けます。

 

必要以上に分泌されると、胃酸は強酸性なので胃の粘膜が荒れてしまい、胸焼けを起こすのです。

このような胃の機能低下は、加齢や過労による体調不良などが原因となります。

 

また、朝起きた時や、食事後数時間経ったころに起きる胸焼けも胃酸過多が原因となります。

胃酸過多を起こす原因はストレスや喫煙・飲酒・食生活の乱れなどがあります。生活リズムを見直し、規則正しい食生活を心がけましょう。

スポンサーリンク

逆流性食道炎

逆流性食道炎は胃酸が食道へ逆流してきて食道で炎症を起こします。通常、胃では食物を消化するため強酸性の胃酸が分泌されますが、胃粘膜によって保護されています。

しかし食道には保護する粘膜がありません。そのため、胃酸が食道に逆流してくると強酸性の胃酸によって炎症を起こすというわけです。

 

食道と胃の境目には、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)という弁の働きをしてくれる部分があります。

この弁の働きが衰えると胃酸の逆流が起こるのです。この下部食道括約筋は肥満や加齢、食生活の乱れにより機能低下します。

 

胸焼けの解消法

浜辺を歩く家族

続いて、実際に胸焼けになってしまったときの解消法について解説していきます。胃酸過多の場合と逆流性食道炎の場合で解消法はそれぞれ異なります。

1 / 2
サブコンテンツ