すねが筋肉痛になってしまう3つの原因と治し方を紹介!

ランニングマシンで走る人

すねの筋肉ってあまり使っている印象がないのになぜか筋肉痛になってしまうと悩んでいませんか?

すねの外側にある筋肉は、歩くとき走るときなど基礎的な運動でとても重要になる筋肉のひとつです。しかし、特に激しい運動をしたわけでもないのにすねが筋肉痛になってしまうこともあるのです。

そこで今回はすねが筋肉痛になってしまう原因と治し方についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

すねが筋肉痛になる原因

ランニングマシンで走る人

ふくらはぎや腕の筋肉痛ならば最近の活動を思い出して筋肉痛の原因が分かるということが多いのですが、すねの筋肉痛の場合はそもそも筋肉痛になってしまった原因が分からない、ということがとても多いです。

そこでここではすねが筋肉痛になってしまう典型的な原因を3つお伝えしていきます。

 

運動のし過ぎ

まず最初に考えられるのが、単純に運動のし過ぎで脛(すね)が筋肉痛になってしまう場合です。

すねの内側にはほとんど筋肉はありませんので、すねの外側にある筋肉が筋肉痛になっていることが多いです。

 

このすねの外側にある筋肉を前脛骨筋といいます。前脛骨筋は運動をするときにとても重要になる筋肉でランニングやスポーツ後に筋肉痛になってしまうことあるのです。

普段から運動をよくしている場合は、すねが筋肉痛になる可能性は低いですが久しぶりに運動をした場合には、すねの外側にある前脛骨筋が筋肉痛になりやすくなります。

スポンサーリンク

歩き方が悪い

次に考えられる原因が歩き方の問題です。先ほどもお伝えしたようにすねの外側にある前脛骨筋は、歩行などの運動をするときにとても重要になる筋肉のひとつです。

なので、変な歩き方をしていると前脛骨筋に過剰な負荷がかかってしまい特に激しい運動をしていないときでもすねの筋肉痛が起きるのです。

 

変な歩き方を具体的にお伝えすると、歩いているとき体の重心が進行方向に対して後方にあるほど前脛骨筋に負荷がかかってしまいます。

例えばいつも重いリュックを背負いながら歩いている方は気づかないうちに重心が後方に移動してしまい、すねの筋肉に大きな負荷をかけてしまっていることがあるのです。

同様の理由で、下り坂を下るときは重心が後方に移動してしまいますのですねの筋肉痛が起こりやすくなります。

 

運動不足・体の衰え

通勤はいつも電車でしていて、仕事はずっとデスクワーク。このような生活を繰り返していると足の筋肉は次第に衰えてしまいます。

近年は運動不足による生活習慣病が増加傾向にありますが、この運動不足がすねの筋肉痛に影響していることも考えられます。

1 / 2
サブコンテンツ