あくびが止まらない!意外な10個の原因を徹底解説!

髪を束ねる女の人

よく眠ったはずなのにあくびが止まらないという経験はありませんか?

学校や職場であくびが止まらないと、自分自身も集中力を欠いて困りますが、周囲からもやる気がないと思われてしまいます。

今回はあくびが止まらない原因と止め方について紹介していきます。病気の可能性もありますので最後までぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

あくびとは?

髪を束ねる女の人

眠い時や退屈な時にはあくびが出ることがよくあります。あくびはどうして出るのでしょうか。じつはあくびが出るしくみはまだ解明されていません。

しかし、あくびは大きく口を開けて空気をたっぷり吸い込みます。

これは血中の二酸化炭素濃度が高くなり、脳が酸素を欲しているためと言われています。様々な原因で脳が酸素を欲している時に出る生理現象ということです。

 

眠い時や退屈な時は脳がほとんど働いていない状態です。そのため、脳を活性化させようと脳に酸素を送るためあくびが出るのです。

眠い時や退屈でもないのにあくびが出る場合は病気の可能性がありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

生あくびが止まらない原因

緊張

脳が働いていない時は、脳が働くように酸素を送ろうとあくびが出ますが、緊張している時にあくびが出ることもあります。

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスにより成り立っています。

脳が活性した状態の時は交感神経が優位になっている状態で、睡眠中や入浴時などのリラックスした状態の時は副交感神経が優位になっている状態です。

 

この2つのバランスはとても重要で、バランスが乱れると自律神経失調症となり、様々な症状が現れるようになります。

緊張している時は交感神経が極端に優位になっていることがあります。これでは自律神経のバランスを崩してしまうので、副交感神経が働こうとします。

緊張しているのにあくびが出てしまうのは、リラックスした状態になるよう副交感神経が働いているためかもしれません。こうして緊張をほぐしているということなのです。

 

疲労

原っぱで遊ぶ子供たち

長時間のデスクワークなど、脳を使い続けると脳内にアンモニアが発生します。有毒なアンモニアがそれ以上蓄積しないよう、脳を休ませようとしてあくびが出ます。

長時間集中していた時のあくびは休息サインです。外の空気を吸ったり、体を伸ばしてみたりして、少し頭を休めてあげましょう。

スポンサーリンク

睡眠障害

十分睡眠時間をとっているはずなのに一日中眠くてあくびが出ることがあります。これは睡眠の質がよくないためかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)など、眠りが浅く十分脳を休めることができていない可能性があります。大きないびきをかく人は一度医療機関で相談してみましょう。

 

鉄欠乏性貧血

薬局の人

血中のヘモグロビン濃度が低くなった状態を鉄欠乏性貧血といいます。

ヘモグロビンが不足すると酸素が十分脳へ供給されなくなります。つまり酸素を脳へ送るためにあくびが出ているのです。

 

鉄欠乏性貧血になるとあくびの他、倦怠感・めまい・動悸などの症状が現れたり、疲れやすくなったりします。

鉄分を多く含む食品をできるだけ食事に取り入れるようにしましょう。

改善がみられない場合は鉄剤を服用することもできますので医療機関で相談してみましょう。

 

偏頭痛

偏頭痛は、脳の血管が拡張することで周囲の神経を刺激して頭痛を引き起こします。

脳の血管が拡張するということは脳に酸素をたくさん送るということですので、この作用があくびという現象になるわけです。

 

偏頭痛の前兆としてあくびが出るのはそのためです。

1 / 2
サブコンテンツ