実は危ない?!右側の腰が痛い8つの原因!

旅する人

腰痛で辛いという方はたくさんいますが、それが片側だけである場合、その原因が気になりますね。

それは、いつもの腰痛ではなく、病気のサインかもしれません。

今回は腰痛で右側に痛みを感じる原因についてまとめました。自身の痛みはそのまま放置して大丈夫ですか?

ぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

 

体の歪み

旅する人

利き手ばかりを使う癖や左右に偏った負荷のかかる仕事をされている方は、自身でも知らないうちに体の歪みが生じている場合があります。

体の歪みがあると腰にかかる負担も左右どちらかのみに強くかかり、炎症を引き起こすことがあります。

鏡で姿勢を確認したり、家族や職場の同僚などに協力してもらい、自身の体の歪みがないか確かめてみましょう。

 

時々左右の姿勢の確認をするようになると、自然に体の歪みが減ることもあります。

子供の頃から歪みがあるものの、特に医療機関などで相談したことがないという方もいるようです。一度自身の姿勢を見直してみましょう。

スポンサーリンク

椎間板ヘルニア

ヘルニア持ちの方以外でも、上記の体の歪みなどにより椎間板ヘルニアになってしまうことがあります。

椎間板ヘルニアというのは、腰のあたりにある背骨の軟骨の部分が変形して骨の外に飛び出してしまうことにより起こります。

 

椎間板ヘルニアを発症している場合は、腰を前に傾けると痛みが増すという傾向があります。また、神経も圧迫されますので、「しびれ」といった症状もあらわれるのが特徴的です。

このような症状が感じられたら椎間板ヘルニアの可能性が高いので、お近くの整骨院などで相談してみましょう。

 

内臓の病気

振り返る女の人

右側に痛みの出る内臓疾患というと、肝臓・すい臓・上行結腸(じょうこうけっちょう)・虫垂炎・遊走腎(ゆうそうじん)などの病気が考えられます。

 

肝臓の病気

肝臓は臓器の中で最も大きく、右側が大きい形をしています。沈黙の臓器と言われる肝臓は痛みなどの症状が出にくく発見しにくい部分です。

肝臓は胃の裏側(背中側)に存在しますので背中や腰に痛みを感じる方もいます。

 

すい臓の病気

すい臓も胃の裏側(背中側)に位置するため、すい臓の病気がある場合には背中や腰に痛みが出ることがあります。

胃腸の調子が悪い場合もすい臓の病気であることがあります。

 

上行結腸の病気

上行結腸は大腸の一部で、右下腹部辺りをいいます。

1 / 2
サブコンテンツ