視界に黒い点が見える原因は飛蚊症?確認しておきたい3つの目の病気

目

ふと気づいたときに視界に黒い点のようなものが見える場合はどのようなことが原因となって目に影響を及ぼしているのでしょうか。

なにか目の病気になっているのではないかと感じてしまうところですが、多くの場合は飛蚊症であるケースが多いです。

 

しかし、もちろん中には重大な目の病気の初期症状であることも考えられるのでしっかりと症状を確認することをおすすめします。

そこで、ここでは視界に黒い点が見えるときの原因や病気、その対処法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

視界に黒い点が動く原因

目

視界に黒い点のようなものが見えると、なにか重大な目の病気なのではないかと不安になってしまいますよね。

しかし、多くの場合は眼精疲労や生理的な飛蚊症であることが多く、眼病(目の病気)が原因であることは少ないのです。

そこで、まずはここでは視界に黒い点が見えた場合に最も可能性が高い2つの原因をお伝えしていきます。

 

飛蚊症

まず最も可能性の高い原因が飛蚊症です。飛蚊症には、視界に小さな浮遊物が浮かんでいるように見えてしまう症状があります。

もちろん、この浮遊物は実際には存在していないのですが、飛蚊症になると視界にさまざまな形状の浮遊物が見えるようになるのです。

 

また、浮遊物は形状だけでなく、その色も多岐にわたります。

黒い点のようなもの、半透明の小さな輪っかのようなもの、白い線のようなもの、などいろいろな形状と色があるのです。

 

2種類の原因がある

このような症状がある飛蚊症は大きく分けて、「生理的な飛蚊症」と「目の病気が原因となっている飛蚊症」の2種類があります。

前者の生理的な飛蚊症の場合は、ストレスなど普段の日常生活で受けるさまざまなことが影響しています。

 

例えば、

  • 紫外線による刺激
  • ストレス
  • 加齢

といったことが原因となって生理的飛蚊症を引き起こし、黒い点が見えてしまうのです。

 

もちろん紫外線やストレスは意識することなく誰しもが受けている刺激なので、飛蚊症になっても実際に何が原因で起きているのか分かりにくいということがあげられます。

これが「生理的」飛蚊症と言われている所以で、同じ紫外線やストレスを受けていたとしても体質や年齢によって飛蚊症のなりやすさも大きく変わってきます。

 

また、飛蚊症にはこのような生理的飛蚊症だけでなく眼病の初期症状としての飛蚊症も存在します。

この2種類の飛蚊症を症状によって分けることは難しいのですが、眼病の場合は視界に黒い点などの浮遊物が見えること以外にも目の痛みなどの症状があらわれるケースが多いです。

この眼病について詳しくは次章でお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

目の疲れ・眼精疲労

飛蚊症でなくても、ただ単に目を酷使しすぎて目の疲れがたまっていること自体が黒い点が見える原因となっていることもあります。

パソコンなどを長期間見ていて、視界がぼやけたり、目がかすんできたりしたことがある経験も多いはずです。このような眼精疲労によって視界が乱れることで黒い点のようなものが見えることもあるのです。

 

また、よく頭が痛くなる方は眼精疲労が原因であることもあります。こちらの記事も併せてチェックしておきましょう。

参考:眼精疲労による頭痛対策!早く治る薬も紹介!

 

視界に黒い点が見える病気

網膜剥離

目

網膜剥離とは、目の奥にあるとても大切な組織である網膜が剥がれてしまったり、穴が空いてしまう病気です。

網膜があることで、私たちは目で見ることができるのです。なので、もし網膜に何か異常があったら視力に大きく影響することになります。

 

初期症状

網膜剥離を正しく治すためには初期症状をできるだけ早く自覚し、早期治療を行うことが大切です。

網膜剥離の初期症状には先述した飛蚊症の症状があげられます。視界に黒い点がたくさん飛んでいたり、半透明の糸くずのようなものが浮かんでいるように見えることもあります。

 

また、他にも視界がチカッっと一瞬明るい光が見えるという初期症状もあります。

これは光視症とも呼ばれていて、カメラのフラッシュがたかれたようなイメージが一番しっくりくると思います。

このように網膜剥離の場合は目に痛みなどは起こりにくく、視界に異常があらわれるという初期症状が多いです。生理的飛蚊症と間違えやすいので注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

1 / 2
サブコンテンツ