あなたの耳垢が湿っている原因!茶色や黄色の耳垢は普通なの?

空を見上げる女の人

お子さんの耳掃除をするといつも耳垢が湿っていて心配になるという方がいます。自身の耳垢が乾いた耳垢である場合、お子さんの耳掃除をした時に湿った耳垢だとびっくりしますね。

どこかで水が入ったのかとか、何かの病気ではないかと心配になります。このように耳垢が湿る原因は何でしょうか。

今回は耳垢が湿っている原因や病気の可能性について紹介していいます。また耳垢の色について気になるという方のために耳垢の色と健康への関連性についてもお伝えしたいと思います。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

耳垢が湿っている原因

空を見上げる女の人

遺伝

耳垢が乾燥しているか湿っているかというのは遺伝によって決まると言われています。日本人では湿った耳垢の人が全体の約16%ほどいます。

耳垢は古くなって剥がれた皮膚やほこり・汗腺からの分泌物などが混ざり合ってできています。この耳垢の質はこの分泌物によって変わるのです。

 

ヒトは体温調節のために体温が上がると汗をかきます。汗を分泌する汗腺は全身にあり、耳の中にもあります。耳の中にあるアポクリン腺という汗腺からの分泌物の量により耳垢の質は変わるのです。

アポクリン腺が多くあり活発に機能している方はより湿った耳垢となり、アポクリン腺が少ないあるいは機能していない方は乾いた耳垢となるのです。

 

アポクリン腺の活動は年齢によっても変化します。成長期には活発であり、湿った耳垢である方も、成長期を過ぎるとアポクリン腺の活動が弱くなり乾いた耳垢になる場合もあるのです。

さらに年齢を重ねると粘性のある耳垢になる傾向があります。

スポンサーリンク

耳の中に水が入っている

お風呂やプールに入ったときに耳の中に水が入ってしまってそれが抜けてないという状態も考えられます。耳の中に水が入っていれば当然耳垢も湿った状態になってしまうのです。

耳の中の水がなかなか抜けない場合はこちらの記事を参考にしてみてください。

耳に水が入って抜けないときに効果的な3つの対処法!

 

耳垢でわかる病気について

日差しを浴びている女の子

このように耳垢が湿っているのは耳の中のアポクリン腺からの分泌物の量によるものであり、耳垢が湿っているからといって病気であるというわけではありません。

しかし、いつもの耳垢よりも水っぽい時は注意が必要です。

 

耳垢が気になって頻繁に耳掃除をしたり、強い刺激を与えてしまったりすると、耳垢のある外耳道で炎症を起こし、外耳道炎になることがあります。

外耳道炎になると皮膚が炎症を起こし湿疹ができ黄色の分泌物が出ることがあります。

いつもより水っぽい耳垢である場合、湿疹による分泌物が原因である可能性があります。気になるかもしれませんが、耳掃除はやめて外耳道を刺激しないようにしましょう。

 

1 / 2
サブコンテンツ