デキサンVG軟膏の効果・効能をチェック!赤ちゃんに使用できる強さなの?

口

肌が我慢できないほどかゆくなったり、赤くなったり、腫れたりしてしまったときには抗炎症作用がある塗り薬を塗るのが効果的です。

さまざまな塗り薬が存在しますが、ここではデキサンVG軟膏という一般に広く使用されている薬についてお伝えしていきます。

効果・副作用・使用する際の注意点などをしっかりと知ることで皮膚の異常を安全に治すことにつながります。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

デキサンVG軟膏の効果・効能

口

デキサンVG軟膏は皮膚の炎症作用を抑え、かゆみ・腫れ・赤みなどに効果がある塗り薬です。

  • ニキビ
  • 虫刺され
  • とびひ
  • あせも
  • やけど
  • ヘルペス

などさまざまな皮膚の炎症に効果があるのです。

 

このように広範囲な皮膚異常に効果があるのは『ベタメタゾン吉草酸エステル』と『ゲンタマイシン硫酸塩』という2つの有効成分が含まれているからです。

ベタメタゾン吉草酸エステルとはステロイド剤の一種になります。『ステロイド』と聞くとなんだか怖い薬のように聞こえますが、用法・用量を守って使用すればとても効果的な薬となるのです。

このステロイドの一種であるベタメタゾン吉草酸エステルには皮膚の炎症を抑える役割をします。ステロイドは抗炎症作用にとても優れているのです。

 

もうひとつの有効成分であるゲンタマイシン硫酸塩は抗生物質の一種になります。抗生物質は皮膚異常の原因となっている細菌を殺菌してくれる働きがあります。

基本的に炎症は小さな傷口などに細菌が侵入し、感染することにより起こりますのでこの炎症原因となる細菌を退治してくれるのです。

 

例えば、ニキビであればアクネ菌が有名ですね。ニキビの患部に塗れば、デキサンVG軟膏に含まれる抗生物質でこのアクネ菌を退治してくれるので、炎症の根本的な治療を促してくれるということです。

以上のステロイドによる抗炎症作用と抗生物質による殺菌作用を持ち合わせることでデキサンVG軟膏はさまざまな皮膚のかゆみや腫れに効果が期待できるのです。

スポンサーリンク

デキサンVG軟膏の強さ

デキサンVG軟膏がどのような効果・効能を持っているかはお分かりいただけたと思いますが、この効能はどのくらいの強さを持っているのでしょうか。

効果が強ければそれだけ治す力も強くなりますがその分、予期せぬ副作用なども起こりやすくなってしまいます。

 

前述したデキサンVG軟膏に含まれるベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドは5段階中3番目の強さに分類されています。

一般的にステロイドは1群(最強)〜5群(最弱)の5段階で強さが分類されていて、デキサンVG軟膏に含まれるベタメタゾン吉草酸エステルは3群に属するということです。

 

3群のステロイドはどのくらいの強さなのかというと、

  • 大人の場合:連続して使用する期間は2週間以内。
  • 子供の場合:連続して使用する期間は1週間以内。顔や陰部など皮膚の薄い部分の使用は控える。

というような使用期間と使用部位が適切であるとされています。

デキサンVG軟膏を処方してもらうときに医師や薬剤師からのアドバイスをしっかりと聞くようにしましょう。

 

デキサンVG軟膏は市販されている?

薬局の人

キサンVG軟膏は処方薬ですので、一般的な薬局やドラッグストアでは市販されていません。

上述したようにそこまで強くないとはいえステロイド剤に含まれる薬ですので、しっかりと医師や薬剤師の判断を仰ぐようにしましょう。

1 / 2
サブコンテンツ